〈サイトについて〉

▽プロフィール

科戸☆徹(しなと・とおる)

どこの誰が作っているかも分からずに有料だといわれても信用できないと思います。ただ筆名を使っているのは私なりのクライシス管理です。海賊にしてもテロにしても、日本からアクセスされたことはないであろうサイトも見に行っています。そのためでしょうか、世界中から怪しげなメールが届きます。神経質すぎるかもしれませんが、家族の安全も考えなければなりません。そのために本名は、会員になっていただいた方には当然開示していますが、公開を控えています。どうぞご理解ください。勤務していた会社は時事通信社です。社会部の記者、デスクをさせていただきました。司法記者が長く、ロッキード裁判や経済犯罪などを担当しました。個人的には、軍事オタクではありませんが、軍事・テロ関係への関心はずっと持ってきました。
ソマリア海賊に関心を持ったのは日本で得られる情報が薄かったためです。例えば身代金です。公式にはそんなものはない話ですが、実際は支払われています。情報は完全にグローバル化していますから、日本にいてもかなりの情報に接することができます。2008年から情報の無料提供を開始しました。そして2012年5月から無料ブログ「かわら版『ソマリア海賊』」を始め、約550本の情報を発信してきました。

このブログの立ち位置は、クライシスマネジメントです。海賊をメインに始めたブログですが、西アフリカを除いて世界の海賊事案は減少してきましたので海賊事案への監視は継続していますが、最大のクライシスである「戦争」もターゲットにすることにしました。今世紀は「戦争の世紀」だと考えるからです。とりわけ船舶が被害に遭ったり、巻き込まれるような事態が想定される場合はこのブログのカバー範囲だと考えています。

海運、特に外航船の戦いの舞台は世界中です。そのため日本という視点ではなく地球の視点で情報に向き合っています。毎日世界中で24時間情報は飛び回っています。国が違えば取り上げ方、見方もさまざまです。日本の視点だけでは「井の中の蛙」になってしまい、役に立たないと考えるからです。海外船社はクライシス時にどういう対応をしたのかもできるだけカバーします。

▽ 著作権と免責

☆著作権

ブログにも著作権(編集著作権)が発生しています。著作権法が許容する「私的利用のための複製」の範囲を超えて著作権者の許諾なしに複製、翻訳、翻案、引用、公衆送信、放送、蓄積、頒布、販売などをすることはできません。また他のホームページに転載したり、多数に電子メールで送信したりすることは公衆送信に当たり、許諾なしに行うことはできません。非営利目的、個人の行為であっても例外ではありません。

☆免責

作成時点で最も信頼できると判断される各種情報やデータに基づいて書いていますが、その後変化したりすることもあります。会員が情報を利用した結果、被ったいかなる損失、損害についても一切責任を負いません。

 

▽プライバシーポリシー(個人情報の保護方針)

当ブログが会員制である以上、申し込みの際に最小限の個人情報を開示していただくことになりますが、収集された個人情報はプライバシー権を尊重し、会員システムを維持するという目的以外に利用することはしません。特にブログの性格上、個人の情報管理に留意し、秘密は守ります。
[利用目的]
個人情報は以下の業務遂行・目的のために取得いたします。
・会員管理、連絡など
・ご相談、問い合わせに対する回答
[個人情報の安全管理・保管]
ご提供いただいた個人情報は適切な保護・安全対策を行って管理し、紛失、破壊、改ざん、漏えいの防止に努めます。
[第三者への個人情報の提供]
会員本人の同意を得ずに第三者に提供することは、法令に基づく場合以外は行いません。
[個人情報の消去等]
確認された本人から個人情報の消去等の請求がなされた場合は、法令で認められない場合を除き、速やかに対応致します。

 

▽特定商取引法に基づく表示
事業者:科戸徹
代表者:科戸徹
連絡先:080-5489-7350
メール:contact@kaizoku-tero.net

 

▽問い合わせ
当ブログに関するご質問などは下記のアドレスまでお願いします。
可能な範囲で誠実に対応させていただきます。
contact@kaizoku-tero.net