【モーリシャス油濁】清掃ボランティアらに嘔吐や皮膚炎の症状

モーリシャス東南部で“wakasio”からの流出油の回収や清掃作業に参加したボランティアや沿岸住民が嘔吐や皮膚炎などを訴えていることが分かりました。保健当局は入院治療までは必要ないと判断していますが、重症者の発生が懸念されます。 続きを読む

【モーリシャス油濁】「沿岸警備隊は5回連絡も応答なし」

“wakasio”油濁問題はモーリシャス国会での重要課題になっています。「未然防止できたのではないか」と野党の厳しい追求が行われています。島南東側をカバーするレーダーが故障していたり、夜間飛行が可能なヘリコプターは修理中だったりと海事セキュリティ関連の脆弱性が明らかになっている中で政府側は防戦に追われています。 続きを読む

★★海賊週報★★(2020・8・24~8・30)

【ハイジャック・拉致】=なし
【海賊の未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=東南アジア2件
【ソマリア海賊の未遂と疑わしい活動】=なし 続きを読む

【モーリシャス油濁】船首部の沈没処理動画

バルク船“wakasio”船首部の沈没処理の動画が8月28日公開されました。 続きを読む

拉致から約1ヶ月で乗組員13人を解放ーギニア湾

ナイジェリア沖のギニア湾で7月17日に航行中のプロダクトタンカーが武装海賊にハイジャックされ、乗組員13人が拉致されましたが、8月24日に全員解放されました。全員健康だと伝えられています。身代金に関しての情報はありません。 続きを読む

豪華チャーターヨットが炎上、乗客・乗員17人は無事救出

イタリア沖の地中海で8月25日、航海中の豪華チャーターヨットから出火しました。乗客8人と乗員9人は救助されました。 続きを読む

【モーリシャス油濁】国家危機委員会、調査裁判所立ち上げへ。被害と賠償扱う

モーリシャス政府の国家危機委員会は8月26日、「間もなく“wakasio”問題の調査裁判所を設立する」と発表しました。 続きを読む

【モーリシャス油濁】死んだイルカが漂着、17頭でまだ増えるかも

モーリシャス南東側の“wakasio”による油濁が広がった海岸に8月26日、死んだイルカが相次いで打ち上げられました。現地時間の同日夕までに17頭が確認されています。 続きを読む

LNGタンカーで船員が同僚刺す。航行を一時中断、長期乗船でストレス?

スペインからナイジェリアに向かっていたLNGタンカーで船員が同僚をナイフで刺す事件が起きました。タンカーは予定の航行を中断して8月20日にセネガルのダカールに寄港。刺された船員は病院に搬送され、重傷です。刺した船員は現地警察に逮捕されました。船員同士のケンカかもしれませんが、刺した船員は新型コロナウイルスの影響で交代が遅れていたといわれます。船員の精神的ケアに船社も気を配る必要がありそうです。 続きを読む

【モーリシャス油濁】船首部の沈没処理完了

モーリシャス政府の国家危機委員会は8月24日、「“wakasio”船首部は午後3時半(現地時間)に沈没処理が終了した」と発表しました。 続きを読む

次のページ →