アブサヤフ、インドネシア人漁師人質の身代金4,000万円要求

フィリピンのイスラム過激派アブサヤフグループ(ASG)が昨年9月にマレーシア・サバ州Semporna沖で拉致したインドネシア人漁民の身代金として160万マレーシアリンギット(2,000万フィリピンペソ、ざっと4,000万円)を要求しています。当初は400万マレーシアリンギット(ざっと1億円)を要求していましたが、昨年12月に減額してきました。 続きを読む

★★海賊週報★★(2018・12・25~2019・1・13) 

【ハイジャック・誘拐】=なし
【海賊の未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=ギニア湾2件、南米2件
【ソマリア海賊の未遂と疑わしい活動】=なし 続きを読む

イスラエル、シリア・ダマスカス空港のイラン武器庫に空爆

(イスラエル空軍、シリア・ダマスカス国際空港のイラン武器庫にピンポイントのミサイル攻撃)

イスラエル・ネタニヤフ首相は1月13日、11日深夜にシリア・ダマスカス国際空港のイラン武器庫に空軍がピンポイントのミサイル攻撃したことを認めました。シリアにはロシアが提供した最新鋭のミサイル防衛システムが配備されていますが、全ミサイルを撃ち落とすことはできませんでした。 続きを読む

グアムで衝突事故の日本客船、修理終え出航

昨年12月30日にグアムのアプラ港米海軍桟橋に衝突し、船体に約2メートル四方の穴が開いた日本の客船は1月11日午後、修理を終え出航しました。 続きを読む

米、シリアから一部軍事装備の移動開始

シリアから米軍の軍事装備の一部撤収が始まったようです。米軍側は具体的には明らかにしませんが、一部の装備の移動自体は否定していません。CNNが1月11日伝えました。 続きを読む

米、2月にポーランドで“イランサミット”を主催

米FOXニュースは1月11日、ポンペオ米国務長官が「2月にポーランドで中東問題、特にイランに焦点を当てた国際会議を開くことを計画している」と話したと報じました。 続きを読む

北大西洋の大型コンテナ船火災、ようやくコントロール下に

カナダ・ハリファックス沖の北大西洋で大型コンテナ船の積荷コンテナから出火した火災はようやく制御されました。荒天下で消火作業が進まず、出火から1週間かかりました。船社が1月11日にプレスリリースで明らかにしました。この船社はドイツですが、出火からSNSとHPで継続して情報開示を続けてきました。荷主への情報開示という側面もあったのでしょうが、さすが世界の大手船社の対応でした。 続きを読む

大型客船でノロウイルス集団感染、150人以上発症

米国フロリダ州カナベラル港から1月6日に7日間のカリブ海クルーズに出航した大型客船で167人のノロウイルス患者が集団発生し、9日ジャマイカに入港しました。 続きを読む

BIMCO、「EU、中国、米国はギニア湾の海賊対策支援を」

BIMCO(ボルチック国際海運協議会)は1月9日、昨年1年で40件、今年2日にもMSCのコンテナ船が襲われ6人が拉致されるなど発生を止められないギニア湾の海賊対策としてEU、中国、米国が沿岸国海軍の支援に乗り出すよう求めました。アデン湾、インド洋では国際社会が連携して海賊対策にあたるスキームを作って成功しましたが、ギニア湾は沿岸国の海軍力が不十分な上、主権の主張をそれぞれ行うため海賊退治が進みません。今回、大手船社MSCの船が狙われたことも影響したのかもしれませんが、国際社会のギニア湾海賊対策は新たなステージに入ったといえそうです。 続きを読む

イラン、米市民逮捕を確認

イラン外相は1月8日、トルクメニスタンに近いイラン・マシュハド市(Mashhad)で米海軍ベテランの米市民が逮捕され、現在刑務所に入っていると認めました。7日にニューヨークタイムズが特ダネとして報じた内容を追認したものです。 続きを読む

← 前のページ次のページ →