対海賊マニュアル「BMP」改訂、V5に。機雷、ミサイルにも対応。船長・船員・船社向け対海賊ガイダンスも発行

対海賊マニュアル「Best Management Practice (BMP)」の第5版が発行されました。同時に「Global Counter Piracy Guidance for Companies, Masters and Seafarers」が新たに発行されました。いずれも海事関係者の必須資料です。 続きを読む

イラン、艦船2隻をアデン湾・バベルマンデブ海峡に派遣。フダイダ空港陥落後に出航

イエメン・フダイダ港を巡る緊張が高まっている中で、イエメンのフーシ派を支援しているイランが2隻の艦船をアデン湾からマンデブ海峡に派遣しました。派遣したのはフダイダ空港が6月19日にサウジアラビア連合軍・前政府軍の手に落ちた直後の21日でした。イランの通信社が伝えました。 続きを読む

紅海南部で2隻の高速ボートが異常接近。他の2商船にも近づく

紅海南部で6月26日07:08UTCごろ、航行していた商船にそれぞれ10人前後が乗った2隻の高速ボートが接近して来ました。乗船していた武装ガードが武器を見せるとボートは離れていきました。 続きを読む

フーシ派、サウジ首都リヤドにミサイル攻撃。防衛システムで撃墜、大きな被害なし

イエメン・フダイダ港の支配権奪取を狙うサウジアラビア主導の湾岸国連合軍・前政府軍と支配権を維持したいフーシ派の戦闘が激しさを増していますが、6月24日サウジの首都リヤドに弾道ミサイルが撃ち込まれました。フーシ派が発射を認めています。サウジのミサイル防衛システムが作動して撃墜し、大きな被害は出なかったと伝えられています。 続きを読む

★★海賊週報★★(2018・6・11~6・24) 

【ハイジャック・誘拐】=なし
【海賊の未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=西アフリカ1件
【ソマリア海賊の未遂と疑わしい活動】=なし 続きを読む

サウジ連合軍、イエメン・フダイダ空港制圧。港まで15キロに近づく

紅海に面したイエメンの中心港フダイダをフーシ派から奪還する戦いを続けているサウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)が主導する湾岸国連合軍と暫定政府軍は6月19日、フダイダ港手前の空港を制圧しました。港までは15キロに迫ってきました。 続きを読む

☆お知らせ☆海賊週報の更新は休みます

おそらく初めてだと思いますが、国際的な海賊発生状況をまとめているIMB-ICCのサイトが今年1月最初のページになってしまっています。単なるミスだと思いますが、先週木曜に見たときには、前週のママで新規案件はありませんでしたから多分新たな発生はなかったと思います。それだけ海賊リスクは低くなっている状況だということでもあると思いますが、過去分は見られず1月1日からのページしか見られない状況ですので今週の海賊週報の更新は休みます。
                                              (了)

サウジ連合軍、イエメン・フダイダの空港まで進軍

サウジアラビアが主導する湾岸連合軍とイエメン暫定政府軍は反政府のフーシ派が支配する紅海に面したフダイダ港の支配奪還に向け攻撃を続けていますが、6月15日に伝えられた情報でフダイダ港の手前の空港にまで進軍しました。 続きを読む

インド沖で小型コンテナ船火災。また積荷コンテナが爆発、出火。乗組員22人は全員救助

インド・ベンガル湾で6月13日深夜(現地時間)頃、小型コンテナ船“SSL KOLKATA”(13,784 DWT、1,100TEU、船籍:インド、IMO:9346574)のコンテナ464の内の1つが爆発し炎上、付近のコンテナに燃え広がりました。乗組員22人は全員無事救出されました。荒天で海況は良くなかったようですが、またコンテナから出火しました。 続きを読む

★★海賊週報★★(2018・6・4~6・10) 

【ハイジャック・誘拐】=なし
【海賊の未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=ギニア湾1件
【ソマリア海賊の未遂と疑わしい活動】=なし 続きを読む

次のページ →