アデン湾で商船に2隻の小型船から銃撃攻撃、武装ガードが応射し撃退

アデン湾で3月31日、航行中の商船に2隻の小型船が接近し、発砲してきました。商船の武装ガードが応射し撃退しました。乗組員、船舶とも無事だった。 続きを読む

コンテナ船同士が衝突、被害は軽微だが、またマースク

ペルーのカヤオ港で3月24日午前9時半ごろ(現地時間)、コンテナ船“Laura Maersk”(63,200 DWT、4,041TEU、船籍:デンマーク、IMO:9190731)がコンテナ船“MSC SHUBA B”(134,007 DWT、11,000TEU、 船籍:ポルトガル、IMO:9778076)の船首部に衝突しました。港内で速度は出ておらず、被害は軽微だったようでタグボートが引き離し、航行を継続しました。が、またマースクのコンテナ船でした。 続きを読む

★★海賊週報★★(2018・3・12~3・25)

【ハイジャック・誘拐】=ギニア湾1件
【海賊の未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=ギニア湾3件、東南アジア1件、北東アジア1件、南米1件
【ソマリア海賊の未遂と疑わしい活動】=なし 続きを読む

☆お知らせ☆海賊週報の更新を休みます

新たな海賊・盗賊の発生報告がありませんので、今週の海賊週報の更新は休みます。
海賊事案の発生は多かったり少なかったりするのです。
                                         (了)

マースクのコンテナ船、また火災-オマーン沖

コンテナ船は船体構造から検討する必要があるかもしれません。あまりにコンテナの火災が続くためです。そのためタンカーのように積荷を分散、区画分けして火災の拡大を防ぐのも一つの方法だといわれます。3月6日に発生したマースクの超大型コンテナ船の火災ではまたまた次亜塩素酸カルシウム原因説が浮上しています。次亜塩素酸カルシウムを含む製品がコンテナ火災を繰り返してきたためマースクは積載を禁止しましたが積まれていたのかもしれません。そんな議論が出ている中で、マースクのコンテナ船でまたコンテナの火災が起きました。 続きを読む

不明4人のうち3人の遺体を確認-超大型コンテナ船火災

アラビア海で火災を起こした超大型コンテナ船で3月12日、不明になっていた4人の乗組員のうち3人が遺体で見つかりました。 続きを読む

★★海賊週報★★(2018・3・5~3・11)

【ハイジャック・誘拐】=なし
【海賊の未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=東南アジア1件、ギニア湾1件
【ソマリア海賊の未遂と疑わしい活動】=なし 続きを読む

《画像追加》 超大型コンテナ船の火災を制御。煙の色が白に

アラビア海で出火した超大型コンテナ船の黒い煙が白くなってきた、とインドのコーストガードが3月9日に明らかにしました。コーストガード船と民間の消火船2隻による消火活動の効果がでたようです。前部は激しく燃えましたが、燃焼範囲の拡大は見られず、火勢を制御できたとみられます。不明の乗組員4人の捜索はインド海軍が航空機も投入して行っていますが発見できていません。コーストガードは、4人は船内に取り残されている可能性があるとみています。しかし有毒ガスが発生しましたから生存の可能性は低いと考えられます。 続きを読む

超大型コンテナ船火災の画像

マースクの超大型コンテナ船火災は発生から4日目を迎え新たな情報が少なくなってきました。インドのコーストガートと海軍が出動していますが、3月9日も鎮火したという情報はありません。 続きを読む

《動画・画像追加、本文追加》 アラビア海で火災の超大型コンテナ船乗組員1人が死亡、依然4人が不明

アラビア海で3月6日夜に大規模火災が発生した超大型コンテナ船から救助された乗組員1人が死亡しました。依然4人の乗組員が行方不明になっています。3日目に入っても火災は鎮圧されておらず、現地メディアでは「有毒ガスが発生した」という報道もあります。 続きを読む

次のページ →