「降伏か死か」ーフィリピン軍、アブサヤフとモーテ壊滅両面作戦準備

「イスラム国(IS)」と繋がるフィリピンのイスラム過激派、アブサヤフグループ(ASG)とモーテ(Maute)グループに対するフィリピン軍の掃討作戦は連日続いていますが大詰めを迎えてきました。ドゥテルテ大統領は両グループの徹底壊滅作戦を軍に命令、過激派に「降伏か死か」と脅しを掛けています。一方、8日にサバ(Sabah)州でアブサヤフの拉致グループ7人のうちリーダーら3人を射殺したマレーシア治安部隊は一帯の夜間外出禁止を29日まで延長し、ASGの報復を警戒しています。 続きを読む

アブサヤフ、日本人1人を含む18人の外国人を拘束中

フィリピン軍のスポークスマンは12月13日、アブサヤフが現在拘束している人質は日本人1人、オランダ人1人を含む外国人18人とフィリピン人5人の計23人になることを明らかにしました。 続きを読む

アブサヤフの拉致グループは複数。インドネシア人解放で明らかに

インドネシアの外相は12月12日、6月にアブサヤフに拘束されたタグボートの乗組員2人が解放されたことでこのタグボートのインドネシア人乗組員は全員解放された、と発表しました。しかし、アブサヤフに拘束されているインドネシア人船員はまだ残っています。外相は「それはアブサヤフの別の派閥」と述べています。アブサヤフの海賊チームは複数存在するということです。 続きを読む

アブサヤフ、6カ月拘束したインドネシア船員2人を解放

アブサヤフが今年6月に拉致したインドネシア人船員2人が12月12日解放されました。 続きを読む

マレーシア警察が武装強盗グループ2人を射殺、先週射殺した身代金誘拐グループとの関連を捜査

マレーシアのサバ(Sabah)警察は12月12日、サバ州クナク(kunak)の農園の小屋で武装強盗団2人を射殺しました。警察は先週木曜にサバ州で射殺したアブサヤフの身代金誘拐団3人(2人は逃亡)との関連を捜査しています。 続きを読む

ナイジェリア沖でプロダクトタンカーに海賊攻撃、乗船の軍チームが撃退

ナイジェリア・Brassの南約40海里のギニア湾で航行中のプロダクトタンカーに武装海賊が攻撃を仕掛けましたが、乗船していたナイジェリア軍のセキュリティチームが応戦し撃退しました。12月10日に伝えられました。 続きを読む

★★海賊週報★★(2016・12・5~12・11)

【ハイジャック・誘拐】=なし
【海賊未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=東南アジア4件
【ソマリア海賊の疑わしい活動】=なし 続きを読む

比大統領、マレーシア・インドネシア当局に「拉致グループには爆撃許可」。領海内追跡も自由

フィリピンのドゥテルテ大統領はアブサヤフグループ(ASG)に対して対話を提案していましたが反応がないため強硬路線に転じました。その戦術は”らしい”過激路線で爆撃を容認、しかも「警告」だと言いながら「人質が一緒でも」と脅しています。誘拐-身代金犯も許さないという宣言で、これを受けてASGがどう動くか。 続きを読む

スールー海でまたバルク船追われる

スールー海で12月8日に航行中のバルク船が高速ボートに異常接近されました。1週間ほど攻撃は止まっていましたが、再開した可能性があります。 続きを読む

比海軍に3,000トン級の新艦、米から到着。スールー海警備を強化

スールー海の安全確保に強力な援軍到着になるかもしれません。米沿岸警備隊で退役になった3,000トン級の艦がフィリピンに提供され、12月7日マニラに到着しました。 続きを読む

← 前のページ次のページ →