★★海賊週報★★(2016・9・12~9・19)

【ハイジャック・誘拐】=なし
【海賊未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=東南アジア3件、南アジア1件
【ソマリア海賊の疑わしい活動】=なし 続きを読む

比アブサヤフに拘束されたノルウエー人人質、1年ぶり解放

(1年ぶりに解放され、記者会見するノルウエー人人質。右にドゥテルテ比大統領)

(1年ぶりに解放され、記者会見するノルウエー人人質。右にドゥテルテ比大統領)

フィリピンのイスラム過激派アブサヤフに昨年9月、ミンダナオ島の南にあるサマル島のリゾート地で仲間3人とともに拉致されたノルウエー人人質が9月17日解放されました。ドゥテルテ比大統領らがアブサヤフの出身母体であるモロ民族解放戦線の協力も得て交渉を続けたといいますが、身代金が支払われたかどうかは不明です。 続きを読む

韓進海運の全傭船は荷下ろし後契約解除し船主に返還-韓国裁判所

韓国・韓進海運(Hanjin Shipping )の倒産処理を進めている韓国中央地裁は9月19日、全傭船について荷下ろし後契約を解除し船主に返還することを求めました。既に韓進海運は4隻のコンテナ船と3隻のバルク船について傭船契約を解除し返還しています。 続きを読む

☆お知らせ☆ 海賊週報の更新は月曜

今週の海賊週報の更新は休日対応で、19日(月)になります。

インドネシア・ドゥマイ港でエンジン部品狙う武装集団が連続犯行

マラッカ海峡に面したインドネシア・ドゥマイ港で武装集団が機関室に侵入し、エンジン部品を狙う犯行が9月6,8,14日と連続しています。 続きを読む

ギニア湾でプロダクトタンカーに海賊攻撃。乗船されるもナイジェリア海軍が救援

ギニア湾のナイジェリア沖を航行していたオランダのプロダクトタンカーが9月16日朝(現地時間)、武装海賊の攻撃を受け乗船されましたが、ナイジェリア海軍が救援し、奪還しました。乗組員にけがはありませんでした。 続きを読む

北朝鮮、「年内に核爆弾20発を製造可能」-専門家が高濃縮ウランとプルトニウム推定量基に分析

西側の専門家が「北朝鮮は年末までに核爆弾約20発を製造することが可能だ」とする分析レポートを出しました。北朝鮮が保有する高濃縮ウランとプルトニウムの推計を基に算出したものですが、別の分析では2020年までに最大100発の核爆弾を製造できるというものもあります。こうした流れを受け韓国内で核武装化の圧力が高まってくるのは必至とみられ、これから数年で朝鮮半島のパワーバランスは著しく不安定化する恐れが高まっています。 続きを読む

英、独がトルコ・アンカラの大使館を閉鎖。トルコ、攻撃計画の疑いで4容疑者を拘束

トルコ・アンカラにある英国とドイツの大使館が攻撃される恐れがあるとして相次いで閉鎖しました。トルコ治安当局は9月16日、大使館への攻撃を計画した疑いで4人を拘束したことを明らかにしました。 続きを読む

韓進海運コンテナ船の世界位置状況-9月14日現在

世界7位のコンテナ船を有していた韓国・韓進海運(Hanjin Shipping )の倒産で同社船は世界の港に入港できなかったりして荷揚げできないため世界の物流は混沌状況に陥っていますが、ロイターが9月14日現在で韓進のコンテナ船が世界のどこにいるかのマップを作りました。 続きを読む

米、インドネシアにReCAAP加盟を促す

アジアの海賊問題に対処するため2006年に発効したアジア海賊対策地域協力協定(ReCAAP=Regional Cooperation Agreement on Combating Piracy and Armed Robbery against Ships in Asia)の現在の加盟国は、日本,シンガポール,ラオス,タイ,フィリピン,ミャンマー,韓国,カンボジア,ベトナム,インド,スリランカ,中国,ブルネイ,バングラデシュ,ノルウェー,オランダ,デンマーク,イギリス,オーストラリア,米国の20ヵ国です。アジアの海賊・強盗事案の中心発生エリアはマラッカ海峡からシンガポール海峡を越え、南シナ海周辺になっています。発生場所と加盟国で疑問を持たれた方もおられるのではないでしょうか。最多発生国のマレーシアとインドネシアが入っていないのです。 続きを読む

← 前のページ次のページ →