ロシアのフリゲート艦がアデン湾で対海賊作戦を開始

ロシア・バルチック艦隊のフリゲート艦が8月18日、ジブチを出港しアデン湾での対海賊ミッションに就きました。 続きを読む

ファンデフカ海峡でオフショア船と潜水艦が衝突

カナダ西海岸のバンクーバー島南部とアメリカのオリンピック半島との間のファンデフカ海峡で8月18日夕、米海軍のオフショアサプライ船と米海軍の弾道ミサイル潜水艦が衝突しました。重大な損傷はなかったとみられます。 続きを読む

悪天候下、豪沿岸でケミカルタンカーが座礁

オーストラリアのメルボルンに近いRosebud沖のポートフィリップ湾で8月19日、シンガポール・Odfjellが運航するケミカルタンカーが座礁しました。当時は悪天候でした。 続きを読む

ナイジェリア艦船、ハイジャックされた英国貨物船を救出

ナイジェリア沖を航行中だった英国の貨物船が8月17日、ナイジェリア海賊に乗り込まれましたがナイジェリア海軍の艦船が救出しました。 続きを読む

中国と東南アジア各国が来年の南シナ海行動規範の枠組み合意目指す

中国と東南アジア諸国は8月16日、中国・内モンゴルで開かれた会合で南シナ海の緊張緩和のため行動規範の枠組みを来年中頃までにまとめることを目指すことで合意しました。ハーグの中国敗訴判決後、強硬姿勢ばかりが伝えられている中国ですが、外交面でも動いていることを示した形です。中国はASEANの関係国と南シナ海でのルール面を外交決着できれば、南シナ海の覇権を固定化できることになります。 続きを読む

ソマリア沿岸に押し寄せる外国違法漁船。地元漁民の武装化懸念。海賊発祥時と似た状況

ソマリア領海での大型外国漁船による違法操業が再び活発になっています。ソマリアの漁民は小さなボートなどを使った沿岸漁民です。沖でトロール船などが根こそぎ獲ってしまっては捕る魚はなくなります。周辺では各国海軍による海賊対処活動は行われていますが違法漁業は対象ではなく、放置されています。この状況は何時か見た光景です。そう、ソマリア海賊発生前にソマリア漁民が自衛のために動き始めた状況によく似ています。

日本では「すしざんまい」の社長がソマリア海賊を撲滅したというような話がネット上で広がっていますが、世界で通用する話ではありません。いくらかの漁民支援はしたのでしょうが、そんなことでソマリア海賊問題が収束したわけではありません。国連、各国海軍、海事関係機関、司法機関などの何年にもわたる活動をあまりにバカにしています。いくら宣伝とはいえ誇張し過ぎで、恥ずかしい限りです。< --more-->

キハダマグロの好漁場のソマリア沖に展開している外国漁船はイラン、イエメン、スペイン、エジプト、フランス、セーシェル、韓国、台湾の順といわれ、イランが突出しています。昨年イラン漁船をハイジャックする事件が続きましたが、こうした違法漁船への怒りが背景にあるとみられていました。

中部のインド洋に面したEyl。海賊拠点として名を馳せた村です。そこにオーストラリアの国営放送が取材に入りました。現地からのルポを読むと、漁民は違法漁船にはかなり怒りの感情を持っているものの、海賊は”休止”だといいます。確かに今は商船に対する海賊を行う環境にはありませんが、違法漁船の取り締まりがされない状況が続けば外国漁船への武力攻撃が再び始まる恐れがあります。

ソース

★★海賊週報★★(2016・8・8~8・14)

【ハイジャック・誘拐】=なし
【海賊未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=ギニア湾2件、東南アジア1件
【ソマリア海賊の疑わしい活動】=なし 続きを読む

タイ南部の観光リゾート地5カ所で連続爆発、4人死亡。反政府勢力か

タイ南部のプーケットなど5カ所の観光リゾート地で8月11日から12日に掛けて連続して爆弾が爆発、4人が死亡、35人が負傷しました。爆発した爆弾は計13発でした。警察は「国外のテロ組織とは関係がない」とみています。 続きを読む

ベトナム、慎重に南シナ海の軍備強化。数島に移動式ロケット発射装置を配備

中国にとって南シナ海で手強い相手はベトナムと台湾ではないかと感じています。そのベトナムが慎重に軍事強化を図っていると、8月10日ロイターが香港発で特ダネとして伝えています。軍事アナリストは以前から中国とぶつかる可能性を指摘していますが、硬軟の「硬」への準備を進めているようです。もちろんベトナム当局は「情報は不正確」と否定しています。 続きを読む

中国、南沙諸島の人工島に軍用機格納庫を続々建設

7月下旬に撮影された南シナ海の衛星画像で、中国が南沙諸島の3島に大型の格納庫を建設していることが分かりました。大きさから長距離爆撃機や給油機、空中警戒管制機、戦闘機の格納庫と分析されています。 続きを読む

← 前のページ次のページ →