国連安保理、ギニア湾海賊問題を討議

爆発状態になっているギニア湾の海賊問題について国連安全保障委員会は4月25日に討議を行いました。ナイジェリアの国内事情も絡みますが、再び放置できない状況になってきたという共通認識ができたということです。 続きを読む

フィリピン、インドネシア・マレーシアと合同でスールー海周辺でのパトロールを検討。誘拐繰り返すアブサヤフの動き厳戒

フィリピン当局は4月28日、インドネシア、マレーシアと接する南側の海域で3国合同での艦船パトロールを検討していることを明らかにしました。5月5日にインドネシア・ジャカルタで3国間で協議する予定です。南側の海域はスールー海周辺です。小型船のハイジャック・乗組員拉致やリゾート地などでの外国人誘拐を繰り返し、遂には身代金が支払われなかったとしてカナダ人の人質を殺害したアブサヤフグループを何とか抑え込みたいということです。現地情報ではアブサヤフは現在23人を人質に取っており、この中には日本から来た1人も含まれているといわれていますが、誘拐され掛かったケースが混同されていることも考えられます。 続きを読む

ロイヤル・カリビアンの大型客船乗組員2人をコカイン密輸で逮捕

MS_Freedom_of_the_Seas_in_its_maiden_voyage

カリブ海クルーズで知られるロイヤル・カリビアンの大型客船“Freedom of the Seas”(
154,407トン、旅客定員3,634人=最大4,375人、乗組員1,397人、IMO:9304033)の乗組員2人がカリブ海のセント・マーチン島から米フロリダまでコカインの運び屋をしていたとして逮捕されました。4月26日に地元テレビが伝えています。1回の報酬は1,250ドルといいますから大規模の密輸ではありませんが、豪華客船を使った密輸はけっこう使われているようです。 続きを読む

ナイジェリア海賊に拉致されたトルコ人乗組員6人解放

4月11日にナイジェリア沖で武装海賊に拉致されたケミカルタンカーの幹部乗組員ら6人(全員トルコ人)が26日に解放され、トルコのイスタンブールに戻りました。 続きを読む

フィリピン沖で18万DWTバルク船に高速ボート異常接近

フィリピン・Dalanganem島東の海域を航行中の18万DWTバルク船に高速ボートが4月21日、攻撃のような接近を受けました。放水などを行った結果、ボートは離れていきましたがスールー海の北側にあたるため武装集団の攻撃の可能性もあります。 続きを読む

比アブサヤフ、人質3外国人の1人を殺害。同じカナダ人が拉致のまま

7カ月前に比ミンダナオ島のリゾート地でイスラム過激派アブサヤフグループに拉致された3人の外国人の内、カナダ人(68)が4月25日に殺害されたことが明らかになりました。高額の身代金をそれぞれの政府などに要求していましたが、その支払い期限が25日でした。以前アブサヤフに拉致されたドイツ人の場合には拉致から6カ月で解放されています。拉致事件の交渉期間は6カ月あたりが限界なのかもしれません。カナダ人とノルウエー人がいまだ拉致されたままで、カナダ政府は身代金交渉をどう進めるのかの決断が迫られています。 続きを読む

ナイジェリア、200馬力以上の船外機を禁止。海賊船の高性能装備を規制

ナイジェリア沖での武装海賊の横行に対処するためナイジェリア当局は自国沿岸エリアで200馬力以上の船外機の使用を禁止しました。海賊ボートの装備能力を削ぐのが狙いです。 続きを読む

カスピ海でロシアのプロダクトタンカーから出火、乗組員1人死亡

トルクメニスタンに近いカスピ海で4月23日、航行中のプロダクトタンカーから出火。ロシアの消火ヘリなどが消火にあたりました。11人の乗組員のうち1人が亡くなりました。 続きを読む

★★海賊週報★★(2016・4・18~4・24)

【ハイジャック・誘拐】=東南アジア1件、ギニア湾1件
【海賊未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=東南アジア2件、ギニア湾3件
【ソマリア海賊の疑わしい活動】=報告なし 続きを読む

ナイジェリア沖で19、20日に3件の海賊攻撃、2人を拉致

ナイジェリア沖のギニア湾で4月19、20日に原油タンカーを始めとして3隻に武装海賊が攻撃しました。2隻は回避しましたが、1隻から2人が拉致されました。 続きを読む

次のページ →