☆ご挨拶☆

2015年は多くの方にご覧いただき、ありがとうございました。

シリア・イラクの「イスラム国」の勢いにはかげりが見えますが、このまま消えていくとは思えません。逆に各地でテロを仕掛ける”戦場の見えない戦争”がさらに広がることが予測されます。何が起こっても事実に拘ってフォローしていきたいと考えております。

海賊状況では、深刻な脅威は顕在化していませんが、アジアで銃で武装した海賊が出没しています。下火になったソマリア海賊も各国海軍の撤収が始まれば、いつ再噴火してもおかしくないとみています。

新たな年もご高覧いただけるよう、有用な実務情報の提供に努めていく所存です。よろしくお願いいたします。

ベルギー治安当局、新年攻撃の疑いで6人を逮捕。恒例のニューイヤー花火も中止に

ベルギーはフランス・パリの同時テロ攻撃の関連捜査で大晦日もないようです。ベルギー警察は12月31日、大晦日から元日にかけてブリュッセルでテロ攻撃を計画していたとして6人を逮捕しました。 続きを読む

ペルシャ湾でイラン海軍船から米空母近くにロケット発射

ペルシャ湾で12月26日に訓練中のイラン革命防衛隊海軍の艦船から米空母”Harry S.Truman”近くにロケットが発射されました。空母を狙ったものではなかったようですが、約450メートルと近く、米海軍は29日、「極めて挑発的な行為」と抗議しました。 続きを読む

ベイルート空港で「覚せい剤」5トンを押収

レバノン税関は、ベイルート空港で小学校の机に隠された「覚せい剤」の錠剤5トンを押収した、と発表しました。12月29日に各メディアが伝えています。恐怖を消して”無敵の戦士”と錯覚させるため、「イスラム国」を始めイスラム過激派戦闘員の”必携薬”になっている「覚せい剤」は、簡単に言えば日本に入っているような覚せい剤(アンフェタミン)にカフェインを加えてより興奮性を高めたもので、「カプタゴン(Captagon)=フェネチリン(fenethylline)と同義」と呼ばれています。 続きを読む

東シナ海で博多から寧波行きの貨物船火災、乗組員離船し無事

韓国・西帰浦沖約30海里の東シナ海で12月28日早朝、博多から寧波に向かっていたカンボジア船籍の貨物船で火災が発生しました。9人の乗組員は離船し、沿岸警備隊に救助されました。 続きを読む

リビアの「イスラム国」戦闘員、約5000人に-チュニジア内務相

チュニジアの内務相が12月25日、リビアの「イスラム国」戦闘員は4000~5000人になったとみられる、と述べました。「イスラム国」がリビアに重点を移していることの表れとみられます。

ソース

米特殊部隊が「イスラム国」幹部をイラクで拘束の情報。米が500万ドルの賞金かけた男

米特殊部隊がイラクで「イスラム国」上級幹部のAbu Omar al-Shishaniを拘束したと、イスラエルメディアが12月28日、速報しました。Shishaniはグルジア軍上がりで、2013年から「イスラム国」に加わり、アレッポなどシリア北部エリアを統括する司令官。米国は500万ドルの賞金をかけて、情報提供を呼び掛けていました。殺害ではなく生きたまま拘束したことが事実なら米特殊部隊の大きな成果です。

続きを読む

インドネシア警察、「ジャカルタで新年に自爆テロ計画」で2人を逮捕

インドネシア警察は12月25日、ジャカルタで新年に車を使った自爆テロを計画していたとみて2人を逮捕した、と発表しました。 続きを読む

★★海賊週報★★(2015・12・21~12・27)

【ハイジャック・誘拐】=なし
【海賊未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=東南アジア1件
【ソマリア海賊の疑わしい活動】=報告なし 続きを読む

★フィリピン沖スールー海でバルク船に銃撃攻撃。船体損傷、乗組員は無事

フィリピンのミンダナオ島とインドネシア間のスールー海で12月18日午後(現地時間)、バルク船に武装集団が乗った高速ボートが接近し、銃撃してきました。ブリッジの上の方に命中し、損傷しましたが、乗組員にけがはありませんでした。 続きを読む

次のページ →