《南シナ海危機》 中国の習国家主席、11月5~7日にベトナム・シンガポールを訪問

中国の習近平国家主席が11月5,6日にベトナムを訪問します。中国外務省スポークスマンが10月29日の定例会見で発表しました。習主席はこの後シンガポールを訪問します。中国側の目まぐるしい動きが出てきました。 続きを読む

《南シナ海危機》 中国、米大使呼び抗議。米側、常時パトロール態勢をどう構築

南シナ海・南沙諸島の12海里内を米艦船が航行したことを受けて10月27日、中国側は在北京の米大使を呼び、強く抗議しました。まずは慎重な対応といえますが、始まったばかりですから様子見の感じです。 続きを読む

米港湾に放射能兵器へのぜい弱性。下院委がテロ攻撃を警戒

米下院の運輸・基盤施設委員会(Transportation and Infrastructure Committee)で10月27日、米国の港湾セキュリティに関してテログループによる放射能兵器(dirty-bomb)攻撃にぜい弱性があるとして強い警戒感が提起されました。背景にはこのブログでも取り上げていますが、テログループが放射性物質を地下取引で入手しようとしている動きがあります。9・11事件以降重大なテロ攻撃には遭っていない米国ですが、放射能をまき散らす汚い爆弾攻撃に対して神経を尖らせています。 続きを読む

【マップ追加】 ★米、南沙諸島12海里内で「航海の自由」作戦を開始。数週間継続の可能性。「反発」中国の動きに注目

南シナ海の緊張が一気に高まってきました。中国が主権を主張する南沙諸島から12海里内に米海軍の艦船が航海を強行したのです。作戦名は、「航海の自由(freedom-of-navigation=FON)」オペレーションです。当初の予定では10月中旬とされていましたので少し遅れたものの、9月中旬から南シナ海のパトロールにあたっていた米海軍の誘導ミサイル駆逐艦が10月27日に航空機とともに12海里内を航行しました。米艦船の南沙諸島の12海里内航行は2012年にも行われていますが、中国の人工島建設が進んでおり当時とは状況がまったく違います。中国は当然、激しく反発していますが、今回は実力での排除には踏み切りませんでした。しかし、米艦船の12海里内航行は今後、数週間は継続するとみられます。中国艦船は米艦船をピッタリとマークし続けていますので、軍の冒険主義から不測の事態が起こる危険性は高いと思われます。 続きを読む

★★海賊週報★★(2015・10・19~10・25)

【ハイジャック・誘拐】=ギニア湾1件

【海賊未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=東南アジア6件、南米1件

【ソマリア海賊の疑わしい活動】=報告無し 続きを読む

ナイジェリア沖で冷凍船ハイジャック。現金奪い乗組員4人を誘拐

ギニア湾のナイジェリア沖で10月19日夜(現地時間)、ロシアの冷凍貨物船が海賊グループにハイジャックされ、乗組員4人が拉致されました。 続きを読む

荒天と戦う

異常気象は陸だけではなく海も同じです。時化は昔からあったとはいえ、このところの海の荒れ方は相当すごくなっています。最近座礁事故が多く報告されているのが気になります。注意喚起の意味も込めて昨年から今年の荒天時の航行の様子を画像で。

10917902_926111610745958_6183947961085475309_n

10734087_883688731654913_4265849472543000714_n 続きを読む

大型原油タンカーが荒天下のリスボン沖で座礁

荒天下のポルトガル・リスボン港近くで10月17日、大型原油タンカーが座礁しました。18日朝にタグボートが到着し満潮に合わせて浮かせる作業を行い成功、修理ドックに向かいました。乗組員は船内にいます。 続きを読む

★★海賊週報★★(2015・10・13~10・18)

【ハイジャック・誘拐】=なし
【海賊未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=東南アジア3件、西アフリカ1件
【ソマリア海賊の疑わしい活動】=報告無し 続きを読む

シンガポール海峡で10万トン級プロダクトタンカーに6人組が乗り込む

シンガポール海峡のインドネシア領海で10月15日午前7時頃(現地時間)、停泊していたギリシャのプロダクトタンカー”Almi Spirit” (105,571DWT、船籍:リベリア、2007年建造、IMO:9312872)に6人組が乗り込みました。 続きを読む

次のページ →