中国と韓国の海軍、アデン湾で対海賊合同訓練へ

中国と韓国の海軍がアデン湾で対海賊合同訓練を行うことになりそうです。中国海軍が9月30日に明らかにしました。アデン湾には同じ業務で日本の海上自衛隊も派遣されていますが、一緒の訓練はもう無理でしょう。中国の思惑が見え隠れするため、インドネシアの高速鉄道の受注敗北と同じようにまた日本は中国の悪口を言い出すかもしれません。 続きを読む

★★海賊週報★★(2015・9・21~9・27)

【ハイジャック・誘拐】=なし
【海賊未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=東南アジア7件
【ソマリア海賊の疑わしい活動】=報告無し 続きを読む

フランス、シリア国内での「イスラム国」空爆を開始

フランス政府は9月27日、シリア国内の「イスラム国(IS、ISIL)」拠点に対する初めての空爆を行った、と発表しました。これに先立ち空爆対象への偵察飛行を2週間にわたって実施してきました。 続きを読む

「外交決着」でノルウエーの自動車運搬船はケニアを出港

ケニア・モンバサ港に武器・麻薬密輸の疑いで約1週間留め置かれたノルウエーの自動車運搬船”Hoegh Transporter”は9月26日、「自由」になり同港を出港しました。 続きを読む

「武器はインドのPKO部隊用で合法」と国連側-ケニアの自動車運搬船密輸事件

ケニア・モンバサ港で摘発されたノルウエーの自動車運搬船密輸事件は複雑な様相を呈してきました。積荷は国連PKOの軍用車両だったのですが、発見された武器はコンゴ民主共和国での平和維持活動に当たるインドの部隊用で違法なものではない、と国連が弁明したのです。さらに見つかったコカインとみられた白い粉はコカインではないと鑑定で判明したというのです。 続きを読む

異教徒限定だが「奴隷制」を公式に認める「イスラム国」

「イスラム国(IS、ISIL)」は自分たちのイスラム法上の判断・見解を示す「ファトワ(fatwa)(判決とか布告とか見解とか訳され、法的拘束力を持つ国もある)」の中で、性奴隷を含む「奴隷制」を堂々と公認しています。戦闘員の性欲処理に黙認しているといった話ではなく、制度として公認されているのです。21世紀の地球上で信じられない話ですが、おそらくエイリアンなのでしょう。シリアに軍事介入を始めたロシアが9月28日にも国連でロシア主導によるIS退治の「国際連合軍」を提唱する予定です。これに米国は反対をするようでその行方は分かりませんが、すったもんだはあってもIS掃討の国際的な枠組は構築されていくように感じます。とても放置できる状況にはないからです。 続きを読む

進む南沙諸島での人工島建設、滑走路の完成間近。中国、南シナ海制圧へ着々と布石

9月20日撮影の衛星画像。IHS Jane's 360が9月24日公開した。(Airbus Defence and Space imagery dated 20 September 2015 shows ongoing development of the artificial island created at Fiery Cross Reef in the South China Sea. The runway is complete with markings installed, including helipads, suggesting a potential for use in the near future. (© CNES 2015, Distribution Airbus DS / 2015 IHS) )

9月20日撮影の衛星画像。IHS Jane’s 360が9月24日公開した。(Airbus Defence and Space imagery dated 20 September 2015 shows ongoing development of the artificial island created at Fiery Cross Reef in the South China Sea. The runway is complete with markings installed, including helipads, suggesting a potential for use in the near future. (© CNES 2015, Distribution Airbus DS / 2015 IHS) )

中国の胡錦濤国家主席の米国訪問というタイミングを見計らったように、南シナ海周辺国の国家機関などへのターゲット型攻撃(Advanced Persistent Threat=APT)を5年にわたって行ってきたサイバー諜報集団「Naikon」人民解放軍と繋がっていたとする情報が流れましたが、今度は南シナ海での中国の人工島建設の進捗状況が流れています。衛星画像の解析によるものですが、南沙諸島(Spratly Islands)の西側外周部にあるファイアリークロス礁(Fiery Cross Reef、中国名:永暑礁)での滑走路(画像上部)建設が完了したように見えます。同礁では建物建設も急ピッチで進められていることが分かります。中国はここで7つの人工島を建設しています。 続きを読む

ブラジル・ペテロブラス疑獄でトランスオーシャンが浮上

ブラジル国営石油会社ペテロブラスの政界も巻き込んだ疑獄事件の捜査で世界最大のオフショアリグ業者のトランスオーシャン社が初めて登場してきました。 続きを読む

地中海で活動するMOAS、難民救援エリアをアジアにも拡大へ

地中海で漂流する難民の救援・慈善活動を行っているNGO「Migrant Offshore Aid Station(海上難民救護所)(MOAS)」は活動エリアを東南アジアエリアに拡大する準備を進めています。洋上で遭難したりする難民は地中海ばかりではないためです。 続きを読む

ニュージーランド沖のコンテナ船”MV Rena”破断事故の審理を左右する先住民マオリ族

2011年10月、ニュージーランド沖でギリシャのコンテナ船”MV Rena”(47,231DWT、3,351TEU、1990年建造、船主:Daina Shipping Co)が座礁して破断し油の流出も起こした衝撃的な海難事故の審理が現地で行われていますが、当該地のポリネシアン系先住民のマオリ族の意向が大きなカギを握っているようです。審理は10月9日まで続きます。重大海難事故の後始末には長い時間が掛かります。 続きを読む

次のページ →