★★海賊週報★★(2014・9・22~9・28) 

【ハイジャック・誘拐】=東南アジア1件

【海賊未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=東南アジア1件、ギニア湾1件

【ソマリア海賊の疑わしい活動】=ホルムズ海峡1件、紅海1件

※赤信号になった。 続きを読む

ソマリア海賊、内輪もめで銃撃戦、少なくとも3人死亡。160万ドル身代金のジャーナリスト解放巡り

これがソマリア海賊。身代金が支払われると決まって内輪もめが起き、銃撃戦になります。1日1ドルという最貧国では超巨額な身代金ですから、互いに必死になるのです。 続きを読む

尖閣諸島北で日本関係貨物船と中国漁船が衝突。中国艦船が救助活動。けが人なし

尖閣諸島北の東シナ海で9月25日午後、日本関係の貨物船と中国の漁船が衝突しました。付近にいた中国艦船が救助活動を行い、けが人はいなかったようです。 続きを読む

タイ・プーケット島南アンダマン海で武装海賊。乗組員緊縛、現金など奪う

マラッカ海峡の西側に広がるアンダマン海で9月22日、航行中のプロダクトタンカーに6人の武装海賊が乗り込みました。 続きを読む

〈25日午後8時差し替え〉 ソマリア海賊、977日ぶり独系米人ジャーナリストを解放。身代金160万ドル

ソマリア海賊は9月23日、2012年1月に拘束したドイツ系アメリカ人のフリージャーナリスト、マイケル・スコット・ムーア(Michael Scott Moore)さん(45歳)を解放しました。人質期間は977日、約2年半に上ります。取材に対して海賊側は身代金の支払いがあったと認めました。ドイツも地元当局者も否定していますが、あったと考える方が自然です。ムーアさんを拘束し続けたのはソマリア海賊のグループです。いなくなったと思っている人もおられるでしょうが、まだ身代金が支払えない漁民を中心に40人ほどを人質にしています。 続きを読む

対海賊任務終えた中国駆逐艦がイラン・バンダルアッバスに初寄港

イラン国営テレビは9月21日、中国東海艦隊の旗艦、駆逐艦“Changchun(長春) 150”が随伴船とともにイラン南部の海軍拠点港バンダルアッバスに初めて寄港した、と報じました。20日に到着して4日間滞在、イラン海軍と海難救助などでの専門知識の共有を図ることにしています。駆逐艦はアデン湾での対海賊ミッション終え、帰国の途についていました。

379368_China-Changchun

ソース

ホワイトハウス侵入男はナイフを所持。シークレットサービス、警戒態勢を強化

ホワイトハウスの敷地に侵入し、逮捕されたオマール·ゴンザレス(42歳)は刃渡り約9センチ(3・5インチ)の折りたたみナイフを所持していたことが分かりました。米連邦検事局は9月20日、最高刑禁固10年の危険な武器を持って禁止区域に侵入した罪で起訴しました。背後関係はないようですが、テロ攻撃リスクが高まっている中での出来事だけに大きな話になっています。

シークレットサービスは建物入り口にまで到達された不手際を重く受け止め、セキュリティ手順の見直しに着手するとともに警戒態勢を強化しました。1週間ほど前にもホワイトハウスの敷地内に不審者が侵入しています。

ソース

★★海賊週報★★(2014・9・16~9・21)

【ハイジャック・誘拐】=東南アジア1件
【海賊未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=東南アジア1件、南西アジア5件、アデン湾1件
【ソマリア海賊の疑わしい活動】=アデン湾(IRTC)1件 続きを読む

ホワイトハウスはピリピリ。侵入男を逮捕

_77709559_023973346-1

米ワシントンのホワイトハウスもこのところピリピリしています。9月19日夜、フェンスを跳び越えて男が侵入、シークレットサービスは敷地内に入った男を追跡し逮捕しました。男は胸の痛みを訴えて病院に搬送されました。オバマ大統領はキャンプデービットに向けヘリコプターで出発した直後の出来事です。このシークレットサービスの男性は背広に銃。テロにいかに神経質になっているかが伝わってきます。

ソース

〈21日追加〉 ★「イスラム国」トップ20人衆。19人がイラク人で1人だけシリア人(画像20枚、図4枚)

毎日世界中が振り回されているイスラム原理主義テログループ「イスラム国(IS、別名:ISIS、ISiS、ISIL、QSIS)」ですが、「カリフ(ムハンマドの後継者にして共同体の指導者)」制共同体の成立を宣言したというのに、組織については断片情報ばかりで全容はほとんど知られていません。急拡大したことと、アラブのテロ組織という組織属性や周辺環境の問題もあったでしょうが、何よりも公開斬首など衝撃的な出来事が続き過ぎたことが大きな要因だったでしょう。そこで20人のトップ幹部全員と組織、歴史、資金などの面を整理しておきたいと思います。

(リーダー・バグダディ)

(リーダー・バグダディ)

リーダーは、Ibrahim Awwad al-Badri、 Abu Bakr al-Baghdadi(アブ・バクル・バクダディ)として知られています。自らをカリフと宣言し、年齢は43歳です。イラクでイスラム研究を行っていましたが、2004年米軍に拘束されています。その後も活動を続け、アルカイダに加わりました。「イスラム国」の組織構成は、評議会、政府、ローカルリーダーに分かれ、軍、行政、司法を分担していますが、成熟したものではなく、銃を持ったメンバーが街中を見回って商店などに声をかけたり、イスラム法に反した行為があるとパン屋で裁判を開いて公開処刑してみたりと、ガザ地区のハマスの統治手法に似た感じです。町の巡回の光景は暴力団がシマ内を回っているようなものです。食糧の配給も一部で行っています。 続きを読む

次のページ →