リベリアがICPOと協力し西アフリカのタンカーハイジャックで調査。海賊、AIS破壊し、乗組員刺す

今年1月、西アフリカ・アンゴラ沖でリベリア船籍のプロダクトタンカー“Kerala”(74,999DWT)がハイジャックされ、ナイジェリア沖まで運ばれた上、積み荷の油が抜き取られましたが、 船籍国のリベリアは国際刑事警察機構(ICPO)と協力して進めていた調査を終えました。西アフリカでの海賊は高止まりが続いていますが、東アフリカのような取り締まり態勢がつくられておらず、捜査は各国バラバラで手口情報もほとんど発表されないため防止対策の役には立ちません。それだけに今回のリベリア政府の調査は貴重です。 続きを読む

〈 更新5・31PM5:30 〉シンガポール沖でプロダクトタンカーが不明、ハイジャック? ジーゼル油3,000トン積載(マップ1枚、画像1枚)

シンガポールを5月27日に出航し、インドネシアに向かっていたタイ船籍のプロダクトタンカー“Orapin 4”(3,827DWT、1983年建造、IMO: 8210027)が予定の29日になっても入港せず、行方不明になっています。乗組員は14人。タイ海軍の情報共有センターが目撃情報を求めていますが、有力情報はなく安否が懸念されています。ReCAAP-ISC(アジア海賊対策地域協力協定情報センター)が公表しました。クアラルンプールのIMB海賊情報センターは「ハイジャックされたと考えられる」との見方を示しています。 続きを読む

マレーシア沖南シナ海で航行中のタンカーに武装海賊。現金など奪い、船内破壊(マップ1枚)

マレーシア沖の南シナ海で5月25日早朝、航行中のタンカーに武装した海賊が乗り込みました。海賊は現金と乗組員の持ち物などを奪い、船内の施設を破壊して逃走しました。乗組員は全員無事でした。 続きを読む

英艦船、アラビア海で麻薬密輸ダウ船を拿捕。ヘロイン55キロ、22億円相当を押収(画像5枚)

Combined Task Force (CTF) 150に参加している英艦船“HMS Somerset”は北部アラビア海で怪しいダウ船を拿捕、船内からヘロイン55.7キロ、2,240万ドル相当)を押収しました。ヘロインは検査した後、破壊されました。ダウ船追跡は23時間に及びました。5月28日、CTFが公表しました。 続きを読む

アルシャバブ、ジブチのレストラン自爆テロへの関与認める

ソマリアを拠点にアフリカ東側への勢力拡大を続けているイスラム過激派アルカイダグループのアルシャバブは5月27日、ジブチの首都ジブチ市で24日夜に起きたレストラン自爆テロへの関与を認めました。声明によると、「中央アフリカでフランス軍に仲間が殺害されたこととジブチ軍がソマリアへの介入を深めていることへの反撃」をテロ攻撃の理由に挙げています。 続きを読む

〈 更新5・26pm4:00 〉★ジブチのレストランに自爆テロ攻撃。対海賊部隊のオランダ兵士ら18人死傷

対海賊作戦の各国海軍の拠点になっているジブチの首都ジブチ市にある欧米人に人気のフレンチレストラン横路上で5月24日午後8時頃(現地時間)、2台の車が突然爆発、店内にいた3人が死亡、対海賊作戦に従事していたオランダの兵士6人やスペイン空軍の3人ら15人が負傷したようです。 続きを読む

★★海賊週報★★(2014・5・19~5・25) 

【ハイジャック・誘拐】=なし

【海賊未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=東南アジア2件

【ソマリア海賊の疑わしい活動】=オマーン湾1件、紅海2件 続きを読む

イランIRGCがホルムズ海峡での米艦船攻撃プランをツイッターで発信?

(ツイッターに掲載された米艦船攻撃プラン)

(ツイッターに掲載された米艦船攻撃プラン)

なりすましなのか、それとも本物なのか定かではないのですが、イラン革命防衛隊(IRGC)を名乗るツイッターアカウントでホルムズ海峡での米艦船への攻撃方法が発信されました。しかもそこに使われていた図はウオール・ストリート・ジャーナルが作製したものをアラビア語に書き直したものらしいと後で判明しました。「イラン革命防衛隊によるペルシャ湾で敵の戦闘員を驚かせる方法」のタイトルが付いています。 続きを読む

ソマリアバナナが20年ぶり中東向けに輸出。“初荷”は78トン

期待を込めての情報です。ソマリアから中東に向けて5月22日、ほぼ20年ぶりにバナナが輸出されました。経済自立策を模索している中で、ようやく農業生産物の輸出にこぎ着けたというところです。“初荷”はアラブ首長国連邦(UAE)ドバイの市場に向けた6コンテナ78トンでした。 続きを読む

国連、ボコハラムをテロ組織ブラックリストに。今年は2000人以上殺害

ナイジェリア北部を中心に残虐なテロを繰り返しているイスラム過激組織でアルカイダとも連携する「ボコハラム」に対し、国連はテロ組織に指定しブラックリストに入れました。女子学生大量誘拐で国際社会の怒りを買ったボコハラムは数千人の“兵士”を有し、2014年だけでこれまでに2000人以上を殺害しています。その傍若無人の残虐ぶりはアルカイダ系組織の中でも際立っています。女子学生解放に向けて、米軍なども周辺国に人員を派遣しました。マリでの戦闘にもボコハラム兵士は参加していましたので、北部アフリカのテロ組織掃討の観点からも今後欧米軍によるボコハラム攻撃が開始される可能性があります。 続きを読む

次のページ →