リビア・トリポリの首相居住の五つ星ホテルに迫撃砲攻撃も命中せず

リビアでテロ攻撃が続いています。7月23日にはトリポリで五つ星ホテル「コリンシアホテル」を狙った迫撃砲攻撃があり、翌日にはベンガジでも警察への爆弾攻撃がありました。トリポリのホテルは政府が共有しているため首相が住んでいました。近くにはカナダ、英国の大使館や外国企業があるエリアです。 続きを読む

スエズ運河に自動車爆弾攻撃の恐れ。治安部隊が橋、道路を無期限封鎖

スエズ運河に対する破壊攻撃の恐れが高まったとしてエジプト軍治安部隊は運河に架かる橋や道路を無期限で封鎖しました。 続きを読む

★東南アジア海賊、凶悪化し急増。6月は16件で昨年、一昨年の3倍以上★

東南アジアの海賊が凶悪化し、急増しています。6月は16件が発生し、この中には日本関係船も含まれています。これは2011年、2012年の同月の3倍以上に達しています。 続きを読む

北朝鮮武器貨物船で見つかったミグ機の画像(4枚)

 パナマ運河で拘束された北朝鮮の貨物船“Chong Chon Gang”(13,990DWT)が隠して載せていた武器のうち戦闘機の画像が出てきました。ミグ機とみられますがかなり旧式です。コンテナを順に開けているため、当初は公開されなかったものが次第にでてくるようです。コンテナに入っているので翼はありませんが、少なくとも2機はあるようです。このブログは資料性を重視していますので、少しダブりますが4枚を載せます。このブログで世界のオープンソースで入手できる画像は網羅されています。 続きを読む

ギニア湾でハイジャックされたトルコのタンカー、解放される

 7月14日ギニア湾ガボン沖で海賊にハイジャックされたトルコのオイル・ケミカルタンカー“Cotton”(37,879DWT、船籍:マルタ)が解放されました。 続きを読む

★★海賊週報★★(2013・7・15~7・21 ) 

[アジア2件、東アフリカ1件、西アフリカ5件]

《ハイジャック&誘拐》
▽ギニア湾(ガボン沖)(7月14日) 続きを読む

今年になってエジプト軍の偽軍服が大量に持ち込まれているのは何のためか

 紅海からスエズ運河に入る直前に Ain Sukhna 港という小さな港があります。スエズ港の手前のエジプト本土側です。7月16日、エジプト保安軍はこの港で2隻のタンカーからエジプト軍の偽制服の積荷と100万エジプトポンド(約1400万円)ほどの価値がある器材を押収しました。偽軍服が発見されたのは初めてではありません。今年に入って4回目なのです。3月にはカイロの北にある店で偽軍服が見つかりました。またリビア・ベンガジに向かっていたビジネスマンは1万点もの偽軍服を持っていました。さらにアレキサンドリア港に向かっていた中国からの貨物船の積荷の中に25トンもの偽軍服の素材が発見されました。公式には発表されていないと思います。

Ismailia-&-Ain-Sukhna-map

 誰が何のためにエジプト軍の軍服が必要になったのかを情報関係者は考えています。そしてこう推論しています。カイロかあるいは別の場所で偽エジプト軍が何かをするためではないか。市民にはエジプト軍と見える部隊が何かを仕掛けるのではないだろうか、とみているのです。取り締まりの中でファッションブームではない気配も感じているのでしょう。エジプトの政変は6月でしたが、それ以前から偽軍服は持ち込まれていました。まだ死んではいない仕掛けの基のように思えます。デモの最中に現れた軍隊が突然市民に発砲したとしても、それが本当の軍隊なのか、偽の軍隊なのかを疑わなくてはならないのです。「軍隊が市民に発砲しました」なんていうニュースをそのまま信じることはできないのです。

 まずムスリム同胞団が浮かびますが、証拠はありません。ハマスが資金を出してやっているというレポートもあります。ハマスがムスリム同胞団の過激部分と連携するためというものです。そうではなくてまったく違う勢力かもしれません。魑魅魍魎の世界です。「アラブの春」の一連の運動を「市民が立ち上がった」と捉えるのは、あまりに素直すぎます。市民庶民がテレビの画面には登場しましたが、誰かが絵を描いていなければ、烏合の衆の市民だけでは権力機構の奪取まではなかなかいきません。何事も表だけではないのです。偽軍隊作戦が実行されるのか、消えてしまうのかは分かりません。しかし、エジプトの情報関係者は恐れています。ただ今回は全文を公開するため、ソースを示すことができません。特別な情報源ではないですが、オープンソースともいえないからです。「そんな話は新聞・テレビでやっていない」と思われたら忘れてください。

パナマで拘束された武器搭載の北朝鮮貨物船・画像集(19枚)

 パナマ運河で拘束された北朝鮮の貨物船“Chong Chon Gang”(13,990DWT)の新しい動きはありませんが、鮮明な画像を中心にまとめてみました。一部これまでの画像と重複しますが、画質が違いますのでご容赦ください。

 目立つ武器は二つのコンテナに入っていたソ連製の地対空ミサイルのSA-2用火器管制レーダーSNR-75などです。船内の船室には金日成、金正日の2人の肖像しか掲げられていません。キャプションは原則略しました。正しいかどうか分からないためです。ソースは多数ですので省略します。 続きを読む

南紅海でケミカルタンカーに小型船3隻が急接近。銃とRPGを所持。武装ガードが曳光弾発射

 イエメン沖の南紅海で7月16日1530 UTCに航行中のケミカルタンカーが3海里の距離で不審な小型船群をレーダーで確認しました。 続きを読む

水没したMV Albedoの不明乗組員の捜索で隣の拘束漁船を偵察。船上には海賊3人だけ-EU Naval Force

(水没貨物船に繋がれた漁船を偵察)

(水没貨物船に繋がれた漁船を偵察)

 

ソマリア海賊に拘束中に水没したマレーシア船籍の貨物船“MV Albedo”(10859グロストン)の15人の乗組員は遺体も見つからず、行方不明のままです。 続きを読む

← 前のページ次のページ →