ソマリア海賊監視にスペイン海軍が無人ヘリコプターを初導入

対ソマリア海賊のAtalanta作戦に参加しているスペイン海軍は海賊拠点の監視活動などに無人ヘリコプターSkeldar V-200 を初導入しました。 続きを読む

バーレーン、テロ対策で市民権剥奪、首都での集会禁止などを緊急立法

バーレーン議会は7月28日の日曜日に臨時議会を開き、急増するテロ攻撃に対処するため当局による市民権剥奪権限の授与や首都での集会の禁止などを盛り込んだ緊急法案を可決しました。 続きを読む

カイロ・ナスル地区の緊迫継続、同胞団が9都市で今夜(29日夜)も軍事政権抗議デモ-エジプト

エジプトはかなり煮詰まってきました。週末に激しい武力衝突が起きたカイロのナスル市地区ではムスリム同胞団側の座り込みが継続されており、29日未明(現地時間)には数千人が軍情報局本部に向かって動き始めましたが、いったん中止されました。情報では情報局本部に向かうとされており、再び武力衝突が懸念されます。ムスリム同胞団側の野戦病院の医師は死者は200人を超えると話しており、74人という政府側の死者数と大きく食い違っています。

100人規模の死者が出たことを受けて28日にエジプトの国防会議は緊急会議を開き、平和的なデモの権利は保障されているとしながら、違法なテロや暴力に対する厳重な取り締まりを行うことを宣言しました。こうした中ムスリム同胞団側は29日夜もFayoum、アスワン、アリーシュ、 ベニスエフ、ミニヤー、 Sharqiya、マンスーラ、 ソハーグ、 カイロの9都市で軍事政権への抗議デモを予定しています。

表面上は「平和な抗議行動」となっていますが、週末には同胞団側市民も武装していたとみられ、多数の銃や弾薬などが目撃されています。また治安部隊側は違法なテロや暴力に厳しい対応を取ることを宣言していますので再び武力衝突になる可能性があります。このままエスカレートすると内戦状態に入る恐れが高まっています。

ソース

ソース2

 

スエズ運河の地中海側のポートサイドで両派が衝突。1人死亡28人負傷

スエズ運河の地中海側にあるポートサイドで7月28日、暫定政府を支援するグループとモルシ支持のムスリム同胞団のグループが衝突し1人が死亡、28人が負傷しました。両派の説明が異なり、状況は判然としません。 続きを読む

ソマリア海賊、拘束漁船を水没貨物船と切り離し錨で固定。人影はなし

ソマリア海賊に拘束中に水没したマレーシア船籍の貨物船“MV Albedo”(10859総トン)の行方不明乗組員の捜索を続けるEUの対海賊部隊のEUNAVFORは7月26日に再度、乗組員が移動させられた可能性がある隣の漁船“FV Naham 3”を上空から調査しました。 続きを読む

スエズ運河庁も運河の水路に繋がる全部の橋と道路を封鎖。自動車爆弾を警戒

スエズ運河庁は7月26日の大規模デモに備えてスエズ運河の水路に繋がるすべての橋と道路を封鎖し、フェリーの運航も中止しました。 続きを読む

★★海賊週報★★(2013・7・22~7・28 ) 

[アジア4件、西アフリカ1件]

《ハイジャック&誘拐》
▽なし 続きを読む

☆☆特別キャンペーンのお知らせ☆☆

いつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。
先日、ある方から「個人会員の購読料を安くしてほしい」というご意見をいただきました。こうした声に応えるため個人会員の購読料を月1,000円に変更させていただきます。半年前納は5,000円1年前納は10,000円となります。

さらに8月に限り特別キャンペーンとして、新規個人会員は月500円とします。半年前納は3,000円1年前納は6,000円です。7月中に申し込まれても構いませんが、8月中に入金がされ、登録を完了されることが条件です。なお、購読料は8月分となります。
通常の購読料ですと月中の申し込みの場合、その月の残余期間は無料となり、翌月分の購読料として処理させていただきますが、特別キャンペーンですので残余期間無料はなく、8月分の購読料となります。8月1日に申し込まれた方と31日に申し込まれた方の間に不公平が生まれますが何卒ご理解ください。9月からは通常料金となりますので、前納がとてもお得になります。

ぜひこの機会にお申し込みください。お待ちしています。

2013年7月28日

リビア・トリポリでUAE大使館隣の住居にRPG弾が命中

リビア・トリポリのUAE(アラブ首長国連邦)大使館に隣接した大使住居に25日午前5時半頃(現地時間)、RPG(携行式ロケット砲)攻撃があり命中しました。 続きを読む

 ★ソマリア海賊が新ビジネス。一転「違法漁船を武装ガード」

ソマリア海賊が新たなビジネスモデルを開拓したようです。国連のソマリア・エリトリアモニタリンググループの年次報告でも指摘されていますが、以前イタリアマフィアと組んで始めようとした“新規事業”と似た発想です。 続きを読む

次のページ →