★★海賊週報★★(2013・6・17~6・23)

[アジア9件、西アフリカ2件、東アフリカ4件]

 《ハイジャック&誘拐》 

▽ギニア湾(トーゴ沖) 続きを読む

【クライシスマネジメントの現場②】 日本海事協会は対処するのか、それとも放置するのか

リスク管理の中で情報の管理は重要な要素です。この中には“ネガティブ情報”の管理も入ります。 “「新しい超高強度鋼材を使った1号船」と海事サイトが指摘している”と先日書きましたが、このサイトの記事の根拠が、 続きを読む

トルコのケミカルタンカーで火災-イタリア・アドリア海

イタリアのアドリア海を沖に向かっていたトルコ船籍のケミカルタンカー“NAZO S”(3130DWT、1975年建造、IMO:7403055)で6月21日16:48(UTC)頃、出火しました。 続きを読む

マラッカ・シンガポール海峡に山火事起因の煙霧。視界不良で地元船舶団体が警告

 【アラート】 シンガポール船舶協会(Singapore Shipping Association =SSA)は6月21日、インドネシア・スマトラ島で発生した山火事による煙霧が拡大してマラッカ海峡からシンガポール海峡にかけて視界が悪化、航行の安全に支障を来す恐れがあるとして警告を出しました。 続きを読む

ムスリム同胞団など大統領支持派数万人が反政府行動を前にカイロに集結

 エジプトのムハンマド・モルシ大統領の辞任などを要求する反政府勢力の全国行動を6月30日に控えて大統領を支持するムスリム同胞団などのイスラム教徒が21日、カイロに集結し、緊張が高まっています。 続きを読む

エジプト全域で6月30日に大規模な反政府行動。政府はシナイ半島と本土の通行を遮断

 エジプトでムハンマド・モルシ大統領の就任1周年に当たる6月30日に全国的な反政府抗議行動が予定されています。 続きを読む

☆コンテナ船破断事故に関するお知らせ☆

 当ブログは海賊とテロに特化していますが、今回のコンテナ船破断事故はクライシスマネジメントの観点からも、また「日本」の信用という側面からも極めて重大と考えて取り上げていきます。
 24時間カバーが当ブログの基本ですので土曜も日曜も新しい情報を発信します。個人ブログであることから「信頼性」に懸念を持たれるかもしれませんが、情報のハンドリングはプロのつもりですので会員には情報源を示すなど公正、公平を担保するよう心掛けています。ただ、日本のメディアには依存していませんので、国内情報とは異なることがしばしばあります。
 これはグローバル化した分野での情報には国境は無いという認識から、敢えて選択しています。日本の中では通用しても世界では通用しないならばグローバル事業は成立しないと考えたからです。しかし海外の情報がすべて正しいというスタンスではなく、あくまで一つの情報として検証し、精査するように努力しています。
 この3日間で9600人(21日午前11時現在)からのアクセスがありました。芸能人のブログに比べれば大したことがないかもしれませんが、私としては多くの方が関心を持たれたと感じています。会員制のため中を読んでいただけないのが残念ですが、外形的な事実はお伝えできたのではないかと思っています。
 原因がハードにあるのか、ソフトにあるのか、あるいは両方にあるのか、はこれからの究明にかかっていますが、ニッポンの技術力が問われていますので、しっかりとフォローしていきたいと思います。

科戸徹

「破断コンテナ船は新しい超高強度鋼材を使った1号船」-湾岸海事メディアが指摘(内容修正あり)

船体の前部と後部に分かれた“MV Mol Comfort”(90613DWT)は東北東にゆっくりと漂流を続けています。UAE(アラブ首長国連邦)から監視艇が出港し、現場周辺の海況にもよりますが24日に到着の予定のようです。日を追って世界の海事・造船の専門家が注目してきているように感じます。そうした中で、湾岸の海事メディアが「この船は日本海事協会が初めて扱う新材料が船体に使われた第1号船だった」という情報を載せていました。その新材料とは 続きを読む

破断コンテナ船と同一デザインの姉妹船は5隻-ロイドリストに三菱重工確認

 有力海事情報サイト・ロイドリストは6月20日夜(日本時間)、破断したコンテナ船“MV Mol Comfort”(90613DWT)と同じデザインの姉妹船が5隻あることを建造した三菱重工が確認した、と伝えました。 続きを読む

ハイリスクエリア航行の韓国船に6月19日から“要塞”設置が義務付け

 海賊対策としてアデン湾、インド洋、紅海のハイリスクエリアを定期航行する韓国籍船への“要塞(citadel)”の設置義務化が6月19日からスタートしました。 続きを読む

← 前のページ次のページ →