ギニア湾でナイジェリア海賊、小型原油タンカーをハイジャック。乗組員を人質

 ギニア湾のナイジェリア・ニジェールデルタ沖で5月25日、地元の小型原油タンカー“MT MATRIX I (5800DWT、リベリア船籍、1992年建造、IMO: 9041136, MMSI: 657808000)が武装したナイジェリア海賊にハイジャックされました。ナイジェリアとパキスタンの乗組員を人質に取っています。28日に民間のセキュリティ関係者が明らかにしました。 続きを読む

ギニア湾で海賊に拉致されたドイツコンテナ船の4乗組員、1カ月ぶり解放

 4月22日にギニア湾の赤道ギニア沖でドイツのコンテナ船“ Hansa Marburg”(23,419DWT、リベリア船籍、2007年建造、オペレーター:Leonhardt & Blumberg IMO:9334818, MMSI:636091218)がナイジェリア海賊の攻撃を受け乗組員4人が拉致されましたが、5月24日にLeonhardt & Blumbergが「4人は解放された。 続きを読む

★海賊週報★(2013・5・20~5・26)

《ハイジャック&誘拐》
▽なし 続きを読む

英戦闘機が緊急発進し300人乗りパキスタン民間機をエスコート。男2人を逮捕

 パキスタンから英国のマンチェスター空港に向かっていたパキスタン航空709便(ボーイング777型機、乗客297人乗員11人)が5月24日午後1時20分頃(現地時間、日本時間同日午後10時20分頃)、乗客の男2人がコックピットに侵入しようとしました。機長は危険を感じて緊急連絡。英空軍は戦闘機をスクランブル発進させて着陸空港を変更させ、エスコートしました。 続きを読む

「一匹オオカミジハード」へ変貌するアル・カイーダの聖戦戦略

米・ボストンに続いて英・ロンドンで新しいタイプのジハード(聖戦)テロが起きました。この背景にはアル・カイーダ新世代による戦略変更の流れがあるとみられます。その一つが「一匹オオカミによる西側の兵士攻撃=lone-wolf strikes against soldiers in Western countries」という呼びかけでした。 続きを読む

リビアの石油・ガス複合施設を武装グループが攻撃。警備兵負傷

 リビア・トリポリの西にある石油・ガス複合施設Mellitah oil and gas complexを5月20日、武装グループが攻撃しました。少なくとも警備していた軍の兵士2人が負傷しましたが、生産プラントに損害はなく、操業に支障はありません。 続きを読む

1週間に海賊インシデント10件。20日にもイエメン沖で小型船2隻が攻撃仕掛ける

 武装ガードが浸透してからソマリア海賊の動きが掴みにくくなりました。以前なら海軍に救援を求めたケースも自船の対応だけで済んでしまえばいちいち報告しないのです。このためIMB-ICCやNATOシッピングセンター、EUNAVFORには何も報告がなくても、実際は付きまといや追跡などの「疑わしい活動」が起きています。確かにこの「疑わしい活動」自体も大きく減ったのですが、このところまた増えているようです。 続きを読む

オマーン湾奥でLPGタンカーを4隻の武装ボートが30分追跡

 ホルムズ海峡に近いイラン・ジャースク(Bandar-e-Jask、Jask)の西南西18海里のオマーン湾(25:32N-057:27E)で5月19日午後2時15分頃(現地時間、10:45UTC)、航行していたLPGタンカーが4隻の不審ボートに付きまとわれました。 続きを読む

アデン湾でAK47sとRPGで武装の海賊船、400メートルまで接近。武装ガードが警告発砲

アデン湾でAK47s自動小銃と携行式ロケット砲RPGで武装したソマリア海賊みられる小型船が5月19日、攻撃を仕掛けました。武装したソマリア海賊が確認されたのは久し振りです。 続きを読む

EU、東・南アフリカの海賊対策で新プログラム。規模48億円で職業訓練や沿岸対策

EUは東部、南部アフリカの国に対する新しい海賊対策として「MASEプログラム」を打ち出しました。拠出規模は3700万ユーロ(約48億9千万円)です。 続きを読む

次のページ →