イラン・IRGC、ペルシャ湾でパナマ船籍のタンカーを拘束。「30万リットルの油密輸」

イランの革命防衛隊(IRGC)海軍がペルシャ湾でパナマ船籍のタンカーを拘束し、乗組員10人を逮捕した、とイラン通信社が11月20日伝えました。容疑は「油30万リットルを密輸した」というものです。船名など詳細は不明です。 続きを読む

荒天の北太平洋で超大型コンテナ船からコンテナ100個落下

荒天下の北太平洋で10月30日、中国から米国・ロングビーチに向かっていた超大型コンテナ船のコンテナが崩れ、少なくとも100個が海中に落下したらしい、と海事サイトが伝えています。その後このコンテナ船は目的港を北寄りのワシントン州の港に変更しました。詳細は不明です。 続きを読む

荒天下のマレーシアでオフショアサポート船が漂流、石油プラットフォームに激突し沈没、185人救助2人死亡

雨と波高4メートルの荒天に見舞われたマレーシア・サラワク州ミリ港沖の南シナ海で10月27日早朝(現地時間)、オフショアサポート船がアンカーケーブルが切れて漂流、7・7海里沖の石油プラットフォームに衝突しました。遭難信号を受信した近くにいた船舶やマレーシア当局が救援に急行、海上で助けを待っていたり、救命筏に乗っていた乗組員185人を救助しましたが、2人が死亡しました。 続きを読む

コンテナ船がギリシャ海軍の掃海艇に衝突、真っ二つに。2人負傷

ギリシャ沖の地中海で10月27日朝(現地時間)、コンテナ船がギリシャ海軍の掃海艇に衝突しました。掃海艇は真っ二つになり、海に落ちた2人が負傷しました。コンテナ船は船首部に軽微な損傷を受けましたが、トルコに向け航行継続。しかし、調査のため戻るよう指示されました。 続きを読む

【モーリシャス油濁】★座礁前後(7月14日~8月2日)の船内動画が公開される

モーリシャス沿岸の珊瑚礁帯で座礁したバルク船“wakashio”の事故前後の動画が先週、公開されました。シンガポールからマラッカ海峡を通過するシーンで始まり、座礁した瞬間はありませんがその後の船内、特に機関室に浸水し、汲み上げようとする場面などが映されています。2007年建造船ですが、バルブが壊れていたりして管理が大丈夫だったのだろうかと不安を感じました。専門家が見れば違う問題点が分かるかもしれません。 続きを読む

浚渫船がプロダクトタンカーを直撃ーマラッカ海峡

マラッカ海峡に面したマレーシア・マラッカ市近くのTanjung Bruas港で10月2日午前11時40分頃(現地時間)、停泊中のプロダクトタンカーの船腹に浚渫船が船首が直撃する事故がおきました。 続きを読む

超大型コンテナ船で殺人事件。上司をナイフでメッタ刺し

中国から米・ロサンゼルスに向かっていた超大型コンテナ船でフィリピン人乗組員が同国人ボースンを2本のナイフで17回も刺して殺害しました。船長が説得して個室で拘束し、9月22日にロサンゼルスに到着後警察が逮捕しました。 続きを読む

スリランカ沖で火災のVLCC船長に旅行禁止命令

スリランカ沖で火災を起こしたVLCCの船長にスリランカ司法当局は9月28日、旅行禁止を命じました。同国の海洋汚染防止法違反で訴追する手続きに入ったため国外に出ることを許さないためです。起訴されるかどうかは10月12日の審理で決まる見通しです。 続きを読む

米連邦海事委員会、コンテナ運賃の急騰に重大関心、3大アライアンスなど競争基準違反を精査

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミック化を受けてコンテナ船の運航中止が相次ぎ、9月に入って米国向けコンテナ運賃が急騰しました。この状況に米連邦海事委員会(FMC)が動き出しました。9月16日のリリースで、海運業界やコンテナの巨大アライアンスを精査し、Shipping Act 6(g)の競争基準に違反していないかを調べると「警告」しました。違反があれば連邦裁判所に差し止めなどを求めるとしています。業界ニュースサイトはこのアライアンスとして、THE Allianceや2M Alliance、Ocean Allianceの3大アライアンスを挙げています。 続きを読む

スリランカ、火災のVLCC所有者に200万ドルの賠償請求

スリランカ沖で火災を起こした超大型タンカー(VLCC)“New Diamond”(299,986 DWT、船籍:パナマ、2000年建造、IMO:9191424)の消火活動を展開したスリランカ当局がVLCCの所有者に対して予備的な賠償として約200万ドル(約2億円)(ロイターは190万ドル)を請求していることが分かりました。一緒に消火活動を行ったインドはまだ請求していません。 続きを読む

次のページ →