イラン、「スパイ機撃墜は米国へのメッセージ」

イランの革命防衛隊司令官は米軍の無人機撃墜の後、「領空侵犯したスパイ機撃墜は米国への明確なメッセージだ。我々はいかなる国とも戦争するつもりはないが、戦争の準備はできている」と述べました。イランのテレビが伝えました。国内向けの発言です。 続きを読む

インド、2艦船をオマーン湾、ペルシャ湾に派遣。自国船籍の商船保護のため

インドはオマーン湾での2タンカー攻撃を受けて海軍の艦船2隻をオマーン湾とペルシャ湾に派遣しました。自国船籍の商船の安全確保のためです。 続きを読む

ホワイトハウス、イランのドローン撃墜受け対応協議。午後には下院議長ら議会指導者に説明

ホワイトハウスでは6月20日朝(現地時間)、イランによる米軍無人機(ドローン)撃墜という事態を受け国家安全保障会議(NSC)が主導する形で対応協議を行っています。午後には下院議長を始め上下院の安全保障関係議員ら議会指導者を招き、状況を説明します。

トランプ大統領は20日午後11時15分(日本時間、米東部時間20日午前10時15分)、ツイッターで「イランは非常に大きなミスを犯した(”Iran made a very big mistake”)」と述べました。

仏外相、イランへ。事態打開で協議

フランスは6月24日に外相をイランに派遣します。湾岸での危機のエスカレーションを避けるためイラン側と協議します。

ドイツ、「イランが核合意遵守しなければ悪い結果招く」

ドイツが6月18日、「イランが核合意を遵守しなければよくない結果(consequences)を招くだろう」と、イランの核合意違反の予告を受けて反応しました。 続きを読む

米、湾岸へ1,000人規模の追加派兵を準備。国務長官、中央軍で協議へ

米国はイランの脅威が高まったとして湾岸に追加派兵する準備に入りました。 続きを読む

《画像2枚》 ペンタゴン、2タンカー攻撃の詳細情報を公表

米国防総省(ペンタゴン)は6月17日、オマーン湾での2タンカー攻撃の時系列に整理した詳細情報を公表しました。 続きを読む

英国、商船保護に海兵隊100人をペルシャ湾に派遣。ボートとヘリで巡回

英国は相次ぐタンカー攻撃で緊張が高まっているホルムズ海峡周辺で英艦船と民間商船の安全航行を守るため海兵隊100人をバーレーンの海軍基地に派遣します。6月16日、タイムズ日曜版が伝えました。 続きを読む

☆お知らせ☆表記について

「limpet mine」の日本語表記を「リンペットマイン」としてきました。用語用字ブックでの正しい表記は「リムペットマイン」ですが、つい「リンペット」と書いてしまいました。お恥ずかしい限りです。今後は「リムペットマイン」としますが、過去分についてはこのままとさせてください。
                                     (了)

米共和党下院議員、「イランを攻撃せよ」

米共和党下院議員が6月16日、FOXテレビに出演し、「イランは弱い国だ。米国はイランを攻撃せよ」と勇ましい発言をしました。登場人物、登場場所からスタンスは明確ですが、世論誘導はこうしたことから進みます。 続きを読む

次のページ →