EU、「新型コロナウイルス:クルーズ船乗客の本国送還と商船船員の保護に関するガイダンス」を公開

欧州委員会は4月8日、「Coronavirus: guidance on repatriating cruise ship passengers and protecting ship crews」を公表しました。このリリースにはEU各国の新型コロナウイルス(COVID-1)に対する対処方針も掲載されています。 続きを読む

仏空母でも新型コロナウイルス感染、米空母の感染4隻に、ロシア潜水艦でも

大型クルーズ船で新型コロナウイルス(COVID-19)感染が相次ぎましたが、同様に多くの人員が搭乗する艦船での感染報告も多くなっています。米原子力空母“USSセオドア・ルーズベルト(USS Theodore Roosevelt)”(CVN-71)で150人以上の感染者が出たのに続き、フランスの原子力空母“FSシャルル・ド・ゴール(FS Charles de Gaulle(R91)”で約40人が感染したようです。4月8日に仏海軍が明らかにしました。“シャルル・ド・ゴール”は大西洋での任務活動を切り上げてフランスの母港に向かいました。 続きを読む

新型コロナウイルス感染死者出したクルーズ船がようやくフロリダ入港

船内で新型コロナウイルス感染の死者を出したホーランド・アメリカ・ライン(Holland America Line)のクルーズ船“ザーンダム(Zaandam)”と“ロッテルダム(Rotterdam)”は、すったもんだの末パナマ運河を航行し、4月2日米フロリダ州フォートローダーデール(Fort Lauderdale)の港に入港することができました。入港を認めないフロリダ州知事をトランプ大統領が説得、「人道的」立場から入港が許可されました。 続きを読む

米空母の93人が新型コロナウイルスに感染、1000人下船、グアムのホテルに隔離

米原子力空母“USSセオドア・ルーズベルト(USS Theodore Roosevelt)”(CVN-71)で乗組員が新型コロナウイルスに感染しました。感染者は増えて3月31日現在で93人になっています。空母はグアムに入港し、1,000人がホテルに隔離されました。米艦船での初の新型コロナウイルス感染例で、陸上での隔離者は2,000人を超えるとみられます。 続きを読む

IMO、G20各国に交代乗組員の移動制限除外を要請

新型コロナウイルスの感染拡大を受け各国で外国人の移動を制限する動きが強まっている中でIMO(国際海事機関)は4月1日、G20の各国に対してサプライチェーンの維持に向け交代などの乗組員を移動制限から外すよう求めました。 続きを読む

マースクのコンテナ船で数人の乗組員がCovid-19陽性、中国・寧波で入院、貨物船で初の感染例

マースクラインのコンテナ船“GJERTRUD MAERSK”(115,700 DWT、10,150 TEU、船籍:デンマーク、IMO:9320233)で新型コロナウイルス(Covid-19)に感染した乗組員が数人出ました。入港していた中国・寧波の医療機関に入院し治療しています。貨物船の乗組員での初の感染例とみられます。 続きを読む

クルーズ船で4人死亡、新型コロナ感染者2人を確認、138人に症状。僚船に健康者を移すーパナマ沖

米カーニバルグループのホーランド・アメリカ・ライン(Holland America Line)は3月27日、南アメリカクルーズ中のクルーズ船“ザーンダム(Zaandam)”の船内で高齢の乗客”4人が亡くなったことを公表しました。船社のリリースでは26日に乗客2人が新型コロナウイルスに感染していることが判明、咳や喉の痛みを訴える乗客・乗員は138人に上ると言います。現在、パナマ沖にいますが、別のクルーズ船に健康者を移すことにしています。 続きを読む

ロイヤルカリビアン、クルーズ停止を5月中旬まで1カ月延長

世界第2位のクルーズ会社のロイヤルカリビアンクルーズは3月24日、傘下の全クルーズでクルージングの停止期間を1カ月延長し、5月中旬までとすることを決めました。 続きを読む

《一部修正》 米CDC、「クルーズ船内でウイルス17日間生存」「パンデミック中のクルーズは延期を」

米国のCDC(疾病予防管理センター)は3月23日、横浜港で検疫が行われた“ダイヤモンドプリンセス”と米カリフォルニアに入港した“グランドプリンセス”の大型クルーズ船での新型コロナウイルス症(COVID-19)の感染事例研究「クルーズ船でのCOVID-19集団感染の公衆衛生上の対応」を公表しました。日米の公衆衛生当局や感染症の専門家、クルーズ船の乗客らによる大型研究論文になっています。 続きを読む

国際海運団体が商業船の自由航行維持で国連機関に公開書簡

国際海運会議所(ICS)と国際運輸労連(ITF)は3月19日、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)を受け各国が移動制限を強めている現状を踏まえ、国連機関に対して商業船の自由航行を維持することを求める公開書簡を出しました。 続きを読む

次のページ →