中国、ガルワン渓谷の衝突場所から後退。インドも下がり緩衝地帯作る

中印国境紛争が続くヒマラヤ西部のガルワン渓谷(Galwan Valley )で6月15日に両国軍が衝突、インド兵士20人が殺害されましたが、7月5日に中国軍は同渓谷から約2キロ後退しました。インド軍も2キロ下がり、間に4キロの緩衝地帯を作りました。他の紛争場所に建設された中国の建築物も解体され始めました。双方が衝突回避に動いた形ですが、これで収まるかどうかはまだ楽観できません。 続きを読む

イラン、ペルシャ湾とオマーン湾沿いに地下ミサイル基地

イランの革命防衛隊(IRGC)幹部が7月5日、「ペルシャ湾とオマーン湾沿岸の地上と海上の地下にミサイル基地を構築した」と発表しました。 続きを読む

イラン最大の発電所で爆発、出火

イラン南西部AhvazのAl-Zarqan発電所で7月4日、爆発が起きました。 続きを読む

南シナ海などで中国vs米国の海軍が軍事演習合戦

アジア海域では中国と米国の軍事演習乱れ打ち状態です。よほどの偶然が重ならない限りパフォーマンスショーに過ぎませんが、演習動画の増加が戦意高揚に繋がることは確か。こうした世論醸成手続きを経て戦争への入り口に向かうことになります。平和な国が急に戦争を行うことは不可能です。危機を煽り、愛国心を煽り、武力の勇ましさを煽る課程が必要です。中国とインドが今、その状態にありますが、海上では中国と米国が同時期に軍事演習を行いました。 続きを読む

インド・パキスタンが小規模戦闘。パキスタン兵2人死亡

カシミール地方のインドとパキスタンの国境で7月1日から小火器による戦闘が始まりました。インドは「パキスタン側の停戦合意違反があったため銃撃した」と主張。2日にはパキスタン兵2人が戦闘で死亡しました。 続きを読む

イランの核濃縮プラントで爆発・出火。テロ攻撃?無名の反政府グループが犯行声明

イラン中部にある核施設「Natanz nuclear facility」の建物で7月2日朝、爆発後に火災が発生しました。イラン原子力機関(AEOI)は「直ぐに消火され、死傷者はいない。放射性物質の漏洩もない」と発表しました。夜になって、英国の報道機関に反政府組織を名乗る「 “Homeland’s Cheetahs”(祖国のチーター)、”Homeland’s panthers”(祖国の豹)という情報も」という無名のグループが犯行声明を出しました。テロ攻撃の可能性もあります。 続きを読む

インド、中国発のアプリ59種を禁止。TikTok、WeChat、Weibo、Baidu Mapなど

インド政府は6月29日、中国企業が開発したアプリケーションソフト59種を禁止し、通信会社にそれらをブロックするよう求めました。この中にはTikTok、WeChat、Weibo、Baidu Mapなどが含まれています。 続きを読む

中国海軍、西沙諸島海域で5日まで軍事演習

中国海上安全管理局はホームページで7月1日から5日まで中国海軍が西沙諸島海域で軍事演習を実施すると発表しました。演習海域に入ることは禁止されています。 続きを読む

インド、ヒマラヤ国境に軍隊36000人を派遣へ

ヒマラヤ西部で中国との国境紛争が緊迫化しているインドが現地に軍隊36,000人を派遣するとインドのローカルメディアが6月26日に伝えました。15日にガルワン渓谷(Galwan Valley )で両国兵が衝突し、インド側で20人の死者(中国側の死者の公式発表は無し)を出しました。これを受けて現場の指揮官同士が長時間の話し合いを行い、緊張緩和に向けて兵力を撤退するような結論が出たのですが、中国側はほとんど撤退していません。 続きを読む

インド軍、カシミールに砲撃。パキスタン人少女ら死傷

インド軍は6月20日、パキスタンが管理するカシミール地方に長距離砲などで砲撃を行い、パキスタン人少女(13)とその家族が死傷しました。21日にはインドが管理する別のカシミール地方の都市で反政府グループを攻撃し、8人を殺害しました。中印国境紛争とのリンクが懸念されます。 続きを読む

次のページ →