「イエメン・フーシ派がタンカー19隻を拘束」とサウジメディア

何ともよく分からない話です。イエメン・フーシ派がタンカー19隻を拘束し、紅海に面したホデイダ(Hodeida)港に入港できないようにしている、とサウジアラビアの大使が4月21日に明らかにし、サウジのメディアが23日に伝えました。19隻ものタンカーが通常運航ができない状態になっているなら大騒ぎになってもおかしくないのですが、名乗り出るタンカーは出てきません。さらにEU海軍(European Union naval force=EU NAVFOR)も「知らない」と言います。 続きを読む

イエメン・フーシ派が紅海南部でサウジのVLCCタンカーに攻撃。被害軽微、航行継続。フーシ派「サウジ艦船狙った」。商船被害は初、航行リスク高まる

紅海南部のイエメン・ホダイダ(Hodeidah)港西の公海を北に向かって航行していたサウジアラビア船籍の超大型原油タンカー“Abqaiq”(302,986 DWT、2002年建造、IMO:9247182)が4月3日午後1時半ごろ(現地時間、10:30GMT)、イエメン・フーシ派から攻撃を受けました。タンカーは200万バレルの原油を積んでいましたが、警戒中のサウジの艦船が救援し、被害は軽微で済み、予定通り航行を継続しています。乗組員に負傷者はいませんでした。フーシ派のスポークスマンは「サウジ連合軍の艦船を狙った」と攻撃を認めています。内戦中のイエメンでフーシ派と対立するサウジは湾岸国連合軍を組織し、2日にイエメンに空爆を行い14人以上が死亡しました。この直後からフーシ派はサウジ領内にミサイル攻撃を開始していました。

(マークはホダイダ港)

サウジ軍のスポークスマンは、攻撃の種類を明らかにしていません。現地メディアではミサイル攻撃と書いているところが多いですが、フーシ派の海上攻撃の武器は爆発物を積んだボートを無線操縦するドローンボートや機雷が主流になっていました。タンカーからは「爆発した」との報告があったようです。ミサイルが直撃していたなら軽微な被害で済むとは思えませんので、何らかの原因でドローンボートがタンカーの近くで爆発してしまった、“失敗テロ”ではなかったかと思います。ホデイダ港はフーシ派が支配しているため、サウジ+湾岸国海軍の艦船は付近で警戒を続けています。常時、機雷やドローンボートの警戒を行っていますので発見して爆破した可能性もあります。

フーシ派がアラブ首長国連邦(UAE)の商船を攻撃したことはありましたが、このUAE船は軍の関連船でしたから純粋の商船への攻撃は初めてとなります。以前から当ブログで警戒を呼び掛けて来ましたが、航行する場合にはイエメン側を避け、エリトリア側に寄って航行するなど十分警戒することが必要です。忘れてはいけないのはイエメンからサウジ南部に掛けての紅海南部は“戦闘地域”だということです。サウジが空爆すれば直ぐにフーシ派が反撃するし、その逆も起こります。

ソース1
ソース2
ソース3
ソース4
ソース5
ソース6

アデン湾で商船に2隻の小型船から銃撃攻撃、武装ガードが応射し撃退

アデン湾で3月31日、航行中の商船に2隻の小型船が接近し、発砲してきました。商船の武装ガードが応射し撃退しました。乗組員、船舶とも無事だった。 続きを読む

紅海南部で小型船4隻が0・5海里まで接近、はしごを確認

紅海南部のイエメン・モカ港近くで3月1日、航行中の商船に4隻の小型船が異常接近しました。小型船にははしごが確認されました。発砲などの攻撃は報告されておらず、商船、乗組員は無事でした。 続きを読む

★BIMCO、ICS、INTERTANKOが共同で南紅海とバベルマンデブ海峡の安全対策で臨時ガイダンスを作成。イエメン紛争が商船航行の深刻な脅威に

BIMCO、ICS、INTERTANKOの3団体が共同で1月25日に「INTERIM GUIDANCE ON MARITIME SECURITY IN THE SOUTHERN RED SEA AND BAB AL-MANDEB」を公表しました。イエメン紛争に絡んで民間海事団体が動いたのは初めて。いよいよ潜在脅威が顕在化してきたといえます。 続きを読む

★サウジ連合軍、イエメン沖紅海でタンカー狙った爆弾ボートを破壊

サウジアラビアが主導する湾岸国連合軍は1月10日、イエメン・ホディダ(Hodeidah)港沖の紅海でタンカーを狙ったIED(即席爆弾)積載のボートを破壊したと発表しました。この発表が事実なら、フーシ派は同港沖での商船攻撃を開始したことになり、厳重な警戒が必要です。 続きを読む

フーシ派、ホデイダ港奪還できなければ「紅海の商船航路を遮断」と脅す

イエメンのフーシ派は1月8日の国連特使との会談で紅海に面したホデイダ(Hodeidah)港をサウジアラビア主導の湾岸国連合軍から奪還できなければ紅海の商船航路をブロックする、と脅しました。 続きを読む

フーシ派、イエメン沖紅海でサウジ側の自律型無人潜水機(AUV)を発見・押収

フーシ派による機雷敷設が警戒されているイエメン沖の紅海でフーシ派ダイバーが1月1日にサウジアラビア側が仕掛けたとみられる自律型無人潜水機(autonomous underwater vehicle=AUV)を発見し、押収しました。 続きを読む

スウェーデンのユダヤ教会に火炎瓶

スウェーデン南西部の港湾都市イエーテボリにあるユダヤ教会に12月10日、数本の火炎瓶が投げ込まれました。負傷者は出なかったようです。市内でエルサレムの首都認定に反対するデモが行われていましたが、その後に起こりました。スウェーデンのマルメなどでも抗議行動が展開され、フランス・パリやオランダ・アムステルダムでも抗議行動や混乱が起きています。ハマスが呼び掛けたインティファーダが動き始めたということでしょう。

イスラエル内相は抗議行動の沈静化を呼び掛け、米国のティラーソン国務長官は「来年も大使館移転はないだろう」と当分先の話だとしてトランプ発言の火消しに躍起ですが、イスラエル、米国共に不正や不祥事で政権の屋台骨が揺らいでおり、政権維持のためにトランプ大統領はユダヤからの支持を、ネタニヤフ首相は国民の悲願実現を、アピールする必要があったのでしょう。しかし4日でパレスチナ人は4人が殺害され、数百人が負傷しています。着火はしてしまいました。いつどこで何が起こってくるか分からないということです。 続きを読む

中国と日本のビジネス旅行団がイスラエル訪問を中止

イスラエルの現地紙によれば、12月10日にイスラエルを訪れる予定だった中国の奇点汽車(Singulato)のCEOらと日本のトヨタの投資ファンド一行が訪問を中止しました。企業の旅行中止が明らかになったのは初めてです。 続きを読む

← 前のページ次のページ →