トランプ大統領が「エルサレム首都」を宣言。独・仏は自国民に安全対策を要請。イスラム過激派一斉に攻撃を呼び掛け

(エルサレム旧市街の城壁にライトアップされたイスラエルと米国の国旗=12月6日)

(ガザ地区でイスラエル・米国旗を燃やすパレスチナ人=12月6日)

トランプ米大統領が12月7日未明(日本時間)の演説で「イスラエルの首都はエルサレム」と宣言したことを受けて、国際社会は強く警告を発しました。英国のメイ首相は「エルサレムはイスラエルとパレスチナ人の共通の資本にすべきだ」と、エルサレムの歴史的な経緯を踏まえて反対を明らかにしています。アラブ社会以外の国も同様にトランプ支持派は皆無という状況です。正直、北朝鮮の比ではない重大問題で、今後予測不能な混乱が出来する恐れがあります。 続きを読む

【イエメン】 フーシ派が銃撃、元大統領を殺害

イエメンの内戦がエスカレートしています。首都サヌアはフーシ派が制圧していますが、先週からサウジアラビアなどによる空爆が激化、サヌア国際空港が破壊されました。さらにサヌアではサウジ、UAEの正規軍ではなく民兵というか武装組織がフーシ派と激しい戦闘を展開しています。そんな中、12月4日にはフーシ派民兵が車のアリー・アブドッラー・サーレハ(Ali Abdullah Saleh )元大統領をRPGや銃で攻撃し、殺害しました。両者は以前、同盟関係にありましたが、元大統領がUAEに近づいたとしてフーシ派が攻撃、同盟関係は破断していました。 続きを読む

エリトリア・アッサブ港でサウジの掃海艦などを初確認。紅海南部の緊張さらに高まる

イエメンのモカ港から紅海を挟んで向かい側になるエリトリアのアッサブ港で11月15日、サウジアラビア海軍のコルベット艦2隻と掃海艦が初めて確認されました。この艦船はサウジの紅海を警備する部隊の所属ではないため紅海南部の警戒を増強していることになります。アッサブ港にはUAEの艦船も停泊しています。 続きを読む

イエメンのフーシ派、「サウジの艦船・原油タンカーを攻撃する」

イランの支援を受けているイエメンのフーシ派がサウジアラビア主導の湾岸国軍がイエメンの港を封鎖していることに反発し、「サウジの艦船や原油タンカーを攻撃する」と脅しています。 続きを読む

「イスラム国」系組織がサッカー・ロシアW杯テロ攻撃呼び掛け。メッシ使ったポスターも

「イスラム国(IS)」系のWafa’ Media Foundationが2018年にロシアで開かれるFIFAワールドカップへのテロ攻撃を呼び掛ける宣伝画像を作成しました。 続きを読む

比軍、マラウイ掃討作戦の終了を宣言。「イスラム武装勢力は殲滅した」

フィリピンの国防長官は10月23日、5カ月にわたって進めてきたミンダナオ島マラウイ(Marawi)でのイスラム原理主義武装勢力の掃討作戦が終了した、と発表しました。長官は「もう武装勢力はいなくなった」と作戦成功を宣言しています。ただ、マラウイではまだ銃声が聞こえるという情報もあり、軍の6個師団は他の作戦のためにしばらく残ります。これまで何回も“大本営発表”があっただけに当面様子を見たいと思っています。 続きを読む

★アブサヤフグループ、スールー海西側で再び海賊攻撃を準備か。200馬力の高速ボートを用意

フィリピンのスールー諸島に拠点を置くイスラム過激派アブサヤフグループ(ASG)が再び商船を狙う海賊攻撃を準備している可能性が高くなったとして海事関係機関が10月10日、厳重な警戒を呼び掛けています。 続きを読む

イエメン沖アデン湾で銃撃攻撃も商船無事

イエメン沖のアデン湾で9月28日、商船が1隻の小型船から銃撃されましたが、乗組員は無事で次の港に向かいました。海賊というよりイエメン内戦絡みとみた方がよさそうです。 続きを読む

アデン湾で海自哨戒機が武器密輸船を追跡、ソマリア・プントランド海事警察が拿捕

(全速で逃げる武器密輸船)

アデン湾で9月22日、海上自衛隊の哨戒機JN41が不審な小型船を発見、海賊対処行動のため派遣されている護衛艦あまぎり(3,500トン、DD-154)や哨戒機JN42と協力してこの小型船を追跡。ソマリア・プントランドの領海に入ったため、プントランド海事警察(PMPF)が拿捕し、積んでいたAK47銃や拳銃、弾薬を押収しました。護衛艦や対潜哨戒機は海賊対処の多国籍チームであるCombined Task Force(CMF)151に所属していますが、海賊事案の発生がないため中心は武器や薬物の密輸摘発に移ってきています。本来これは対テロ部隊であるCMF150のミッションでしたが、境目がはっきりしなくなっています。哨戒機の機種は書かれていません。ジブチの自衛隊基地で各種の試験を行っているといわれる最新鋭国産哨戒機P-1(川崎重工)ではないかと思いますが、断定する根拠はありません。 続きを読む

CMF、アデン湾から紅海南部の推奨航海ルートを設定

インド洋海域で対テロ・海賊活動を行っている米国主導による多国籍の合同海上部隊(Combined Maritime Forces=CMF)は、イエメン内戦に絡んで海事テロ攻撃が続いているアデン湾から紅海南部海域で推奨航海ルート(回廊)を設定しました。アデン湾では、Internationally Recommended Transit Corridor (IRTC)が設定されていますが、これにバベルマンデブ海峡から紅海に繋がる回廊を設定しています。 続きを読む

← 前のページ次のページ →