ブルームバーグは「ミサイル説」

この話ばかりを追いかけているわけにはいきませんが、イエメン沖で大きな穴が開いたトルコのバルク船“Ince Inebolu”(52,376 DWT、船籍:トルコ、2002年建造、IMO:9254472)の原因について、経済メディアのブルームバーグは5月15日付け記事で「ミサイル説」を展開しましたが、“犯人”は不明としています。 続きを読む

爆発バルク船の船社は「ミサイル攻撃」とリリースのようです

最初にお断りします。トルコ語のサイトで言葉が分からず機械翻訳に頼っています。その上でイエメン・ホダイダ港沖約70海里の錨地で5月10日に爆発が起き、船体に大きな穴が開いたトルコのバルク船“Ince Inebolu”(52,376 DWT、船籍:トルコ、2002年建造、IMO:9254472)の船社がプレスリリースを出しました。そこではミサイル説を指摘しているようです。 続きを読む

《5・14画像3枚追加》 イエメン・ホダイダ港沖でトルコのバルク船爆発。攻撃受けたのか。小麦積載し入港待ち

イエメン・ホダイダ港沖約70海里の錨地で5月10日、停泊中のトルコのバルク船“Ince Inebolu”(52,376 DWT、船籍:トルコ、2002年建造、IMO:9254472)で爆発が起きました。 続きを読む

イエメン沖南紅海で商船に武装攻撃

イエメン・ホダイダ(Al Hudaydah)西約70海里の南紅海で5月10日20:15 UTC頃、商船が武力攻撃を受けましたが、どうにか難を逃れました。電話で通報を受けたUKMTOは付近を航行する船舶に警戒を呼び掛けています。 続きを読む

マレーシア・フィリピン境界海域で治安部隊が拉致グループの4人を殺害

マレーシア・Lahad Datu沖のフィリピン境界付近で5月8日未明、マレーシアの治安部隊が漁船を攻撃しようとしていた1隻のボートに銃撃し、男4人を殺害しました。誘拐を専門とするアブサヤフグループ(ASG)ではないかと見ています。 続きを読む

世界の有力武装ガード会社11社

▽Hart Maritime ▽Seagull Maritime Security ▽MUSC ▽Hudson Analytix ▽Solace Global ▽MAST ▽Securewest International ▽Neptune Maritime Security ▽ESPADA ▽STS maritime security ▽Anti-Piracy Maritime Security Services -11社の名前ですが最後の名前から業種を想像できるかも知れません。このブログでは分かりやすくするために武器を持ったガードマンという意味で“武装ガード”と書いていますが、これらを業としている会社(民間海上警備会社=private maritime security companies-PMSC)の大手です。ここ以外にも有力会社はありますが、利用する際の一つの目安になると思います。 続きを読む

アブサヤフ、拉致した2女性警官の身代金500万ペソを要求

フィリピンのイスラム原理主義テロ組織アブサヤフグループ(ASG)は4月29日にスールー諸島ホロ島でサンボアンガ(Zamboanga)市警察の女性警官2人と民間人2人を拉致しましたが、警官の身代金として500万ペソ(約1千万円)を要求してきました。フィリピン国家警察(PHILIPPINE National Police =PNP) が5月2日に明らかにしました。 続きを読む

ブラックマーケットでのAK47銃、5万~30万円

海賊から犯罪・テロ組織まで広く使われている銃がAK47アサルトライフル。故障が少なく、何しろ安い。1948年から30カ国で200種類もが製造され、総数は2億丁に上るとみられています。計算上ですが35人に1丁になりますから、如何に広く使われているかが分かります。 続きを読む

★スールー・マレーシア間でアブサヤフが乗組員拉致を計画ーReCAAPが警報

アジアでの海賊対策にあたっているアジア海賊対策地域協力協定 (ReCAAP)情報共有センター(ISC)は5月1日、アブサヤフが乗組員の拉致を計画しているとして警告を出しました。フィリピン当局から入手した情報では24時間以内に実行されるといいます。 続きを読む

「19隻タンカー拘束」情報に専門家は「フェイク」

本当なら大変な話ですが何故か眉につばを付けたくなると思っていたら、しっかり専門家が検証してくれました。その結果は「そのような事実はない」でした。 続きを読む

次のページ →