インドネシアでテロ攻撃を阻止。Wi-Fi起爆装置や過酸化アセトンを発見、「イスラム国」に繋がる過激派逮捕。22日を警戒

インドネシア警察は5月17日、「イスラム国(IS)」に繋がる過激派を多数逮捕し、Wi-Fiを使って遠隔起爆する装置やISがよく使う手製爆弾の材料である過酸化アセトン(triacetone triperoxide=TATP)などを発見、押収した、と発表しました。TATPを使った爆発装置は最近では250人以上の犠牲者を出したスリランカでのテロ攻撃で使われました。警察は、4月に行われた大統領選挙と議会選挙の開票日となる5月22日に大規模テロが実行される恐れがあるとみて、人が集まる場所への外出は控えるよう呼び掛けています。 続きを読む

米のIRGCテロ指定受け、イラン・ロウハニ大統領「指定は誤り」。IRGCは「湾岸の米空母はミサイルの射程内」

トランプ米大統領がイラン最強軍の革命防衛隊(IRGC)をテロ組織に指定したことを受けてイランのロウハニ大統領は4月9日、テレビの生放送で「指定は誤りだ。我々はIRGCを守る」と比較的冷静な反応を示しました。イラン外相は「ネタニヤフ・イスラエル首相への選挙前夜のプレゼント」と批判し、当事者のIRGC幹部は指定前から繰り返し、「湾岸の米空母はイランのミサイルの射程内」などと中東地域に展開する米軍への報復を“宣言”しています。イスラエルの総選挙結果を見る必要がありますが、当面、商船はペルシャ湾やホルムズ海峡では米艦船に近づかない方が安全でしょう。 続きを読む

「イスラム国」リーダー、バグダディ逮捕情報に賞金2500万ドル

たびたび死亡情報が流れたものの最終確認はされず最近ではイラクに接したシリアの砂漠地帯に潜伏しているとみられている「イスラム国(IS)」リーダー、アブ・バクル・アル・バグダディ(Abu Bakr al-Baghdadi)の逮捕に向けて米国などが4月2日、有力情報に2,500万ドルの賞金を付けました。 続きを読む

米、イラン革命防衛隊(IRGC)をテロ組織に指定へ。国軍の指定は初

米メディアが4月6日、米政府が8日にもイラン革命防衛隊(IRGC=Islamic Revolutionary Guard Corps、米ではIran’s elite Revolutionary Guards Corpsとも)をテロ組織に指定すると伝えました。 続きを読む

米、ケニアにテロ警戒情報、ナイロビ・ナイバシャ・ナンユキ・沿岸部のショッピングモールやホテル注意

ケニア・ナイロビの米大使館は2月4日、ケニアのナイロビ・ナイバシャ(Naivasha)・ナンユキ(Nanyuki)と沿岸部の人が集まる場所で過激派のテロ攻撃が起こる可能性があるとして米国を始め欧米人に警戒を呼び掛けました。 続きを読む

イランの宇宙センターで火災、科学者3人死亡

イランの宇宙センターで火災が起き、3人の科学者が死亡した、とイランメディアが2月3日に報じました。多くの西側メディアもカバーしました。情報関係者は過去の出来事が頭をよぎったのではないかと思います。まだ速報段階で、イランやヒズボラの反応を見守っています。 続きを読む

アブサヤフグループ、インドネシア人漁民を解放

マレーシア・サバ州沖で昨年9月にアブサヤフグループ(ASG)に拉致されたインドネシア人漁民は1月15日、フィリピン・Joloで解放されました。 続きを読む

アブサヤフ、インドネシア人漁師人質の身代金4,000万円要求

フィリピンのイスラム過激派アブサヤフグループ(ASG)が昨年9月にマレーシア・サバ州Semporna沖で拉致したインドネシア人漁民の身代金として160万マレーシアリンギット(2,000万フィリピンペソ、ざっと4,000万円)を要求しています。当初は400万マレーシアリンギット(ざっと1億円)を要求していましたが、昨年12月に減額してきました。 続きを読む

「イスラム国」関連グループ、南仏リゾート地のホテル画像示す

「イスラム国(IS)」関連グループが南仏のリゾート地コート・ダジュールのホテル画像の屋上に兵士がISの旗を掲げているように加工した画像を公開しました。攻撃予告にも見えるため警戒しています。 続きを読む

米軍、元日にイエメンで米艦船自爆テロ犯照準に精密攻撃

米軍は1月1日に2000年に起きた米艦船“USS Cole”自爆テロ攻撃を計画したアルカイダ幹部Jamal al-Badawiをターゲットにした精密攻撃をイエメンの首都サヌアの東で行いました。殺害したという情報がありますが、米軍と情報機関は殺害に成功したかどうかの評価作業を進めています。4日に米防衛当局が明らかにしました。 続きを読む

次のページ →