米海軍、ホルムズ海峡・バベルマンデブ海峡封鎖阻止で大規模演習を開始。海兵隊4,500人参加、F-35戦闘機を初投入

軍事演習がだんだん実戦に近くなり、大規模になってきました。それだけ緊張が高まっているといえるでしょう。米海軍と海兵隊がジブチ基地を拠点にアデン湾、紅海などで演習を開始しました。実施部隊は現在米海軍は湾岸エリアに配備しているエセックス強襲揚陸艦(USS Essex (LHD 2) )を旗艦とする両用即応グループ(Essex Amphibious Ready Group)で、海軍用のステルス戦闘機F-35Bsをこのエリアの戦闘任務に初めて投入しました。ホルムズ海峡とバベルマンデブ海峡封鎖のリスクが現実感を持ってきたことに対応した訓練です。 続きを読む

これまでに確認されたフーシ派のドローンボート2種

9月10日にイエメン・フーシ派のドローンボート情報を書きましたが、詳しい情報が見つかりました。書いたドローンボートは7日に発見されたもので、スリランカ製造のボートを加工しています。船外機はヤマハ製の200馬力で速度は30ノットとみられます。画像も精細です。また、フーシ派が以前使ったドローンボートはアラブ首長国連邦(UAE)の製品を改造していましたので、別種です。船型も異なります。7日に発見されたことからフーシ派はいまだ海事テロ反撃を計画しているとみられます。 続きを読む

米海軍など、バベルマンデブ海峡近くで対機雷演習

米第5艦隊(バーレーン)のScott Stearney司令官が9月9日、イランの脅威が高まる中でバベルマンデブ海峡近くのジブチで対機雷、海上安全の軍事演習を実施していることを明らかにしました。 続きを読む

ロシア・シリア軍、イドリブに大規模空爆を開始。トルコの停戦提案拒否直後に

イラン・テヘランで9月7日にロシア、イラン、トルコの3首脳がシリア・イドリブ(Idlib)地区への攻撃について協議しました。ここでトルコのエルドアン大統領が停戦提案を行いましたが、ロシアのプーチン大統領とイランのロウハニ大統領は拒否しました。その翌日からロシア軍とシリア政府軍がイドリブに対して4日の空爆規模を大きく越える大規模空爆を行いました。 続きを読む

イラン、主要原油輸出ターミナルを湾岸からオマーン湾に移転へ

イランのロウハニ大統領は9月4日、イランの主要原油輸出ターミナルを湾岸からホルムズ海峡の外側のオマーン湾に移転すると発表しました。 続きを読む

ロシア・シリア機がイドリブ空爆を再開

ロシアとシリアの戦闘機が9月4日昼(現地時間)、反政府武装グループが支配している北西部のイドリブ(Idlib)地区への空爆を22日ぶりに再開しました。攻撃目標は20カ所以上で、13人を殺害しましたが市民ばかりで武装グループの戦闘員はいませんでした。空爆にはロシアのスホイSu-24Ms機、Su-34s機も加わりました。 続きを読む

イラン通貨の下落止まらず。1ドル128,000リアルと最安値更新

イランの通貨下落が止まりません。9月3日の非公式市場レートで1ドル128,000リアルの最安値を更新しました。 続きを読む

イラン、シリアにミサイル工場建設。イラクにミサイル移動報道も

イランがシリアにミサイル工場を建設していることが衛星画像の分析で明らかになりました。この工場はロシアのS-400ミサイル防衛システムで守られている区域にあります。 続きを読む

アデン湾で米艦船が小火器密輸のダウ船を拿捕。イエメン・フーシ派向け?

米海軍第5艦隊の誘導ミサイル駆逐艦“USS Jason Dunam(DDG 109)”が8月28日、アデン湾で違法に武器を載せたダウ船を拿捕しました。 続きを読む

ロシア、9月1日から地中海で軍事演習。艦船25隻と航空機30機参加。米国のシリア攻撃警戒か

反アサドを掲げる武装グループが支配しているシリア・Idlib地域を巡って攻撃を準備しているシリア政府・ロシア、イランと武装グループを支援してきた米国やトルコとの対立が緊迫化してきている中で、ロシアが9月1日から8日まで地中海で冷戦後最大規模となる軍事演習を実施します。ロシア軍が8月30日に確認しました。 続きを読む

← 前のページ次のページ →