「イエメン・フーシ派がタンカー19隻を拘束」とサウジメディア

何ともよく分からない話です。イエメン・フーシ派がタンカー19隻を拘束し、紅海に面したホデイダ(Hodeida)港に入港できないようにしている、とサウジアラビアの大使が4月21日に明らかにし、サウジのメディアが23日に伝えました。19隻ものタンカーが通常運航ができない状態になっているなら大騒ぎになってもおかしくないのですが、名乗り出るタンカーは出てきません。さらにEU海軍(European Union naval force=EU NAVFOR)も「知らない」と言います。 続きを読む

イラン・イスラエルの動きを警戒する

昨年の約2倍の103発(ロシア説、シリアは110発)の巡航ミサイルなどを5隻(米3艦、英仏各1艦)の艦船とB1爆撃機から発射した4月14日の米英仏3国のシリア化学兵器拠点への空爆に対してシリア、ロシア、イランなどは非難を浴びせていますが同日時点では比較的冷静な動きです。攻撃は化学兵器の開発・生産・貯蔵施設に限定し、アサド政権そのものに対してではありませんでした。それに米ロのチャンネルは閉じておらず、おそらく事前にサウンドしていたと想像できます。 続きを読む

ロシア艦船11隻、シリア・タルトゥース基地から一斉に離れる

12隻のロシア艦船が停泊していた地中海に面したシリア・タルトゥース(tartus)の海軍基地から11日には潜水艦1隻を除いて一斉に消えました。空爆に備えた動きとみられています。また米空母ハリー・S・トルーマン(USS Harry S. Truman, CVN- 75)を旗艦とする攻撃群が11日米ノーフォークを出航、5月初旬にペルシャ湾に入ります。また12日独仏両国首脳が電話会談し、ドイツは化学兵器使用には反対するが軍事行動には参加しないとの立場を示しました。 続きを読む

「72時間以内にシリア空爆の可能性」-EUの航空管制機関ユーロコントロールが警報

EUの航空管制機関Eurocontrolと航空安全局(European Aviation Safety Agency=EASA)は4月10日、「72時間以内にシリアに対する空爆が開始される可能性がある」として地中海東部を航行する航空機に警戒を呼び掛けました。 続きを読む

サウジのVLCCタンカー、右舷前部に20~30センチの穴。海事セキュリティ専門会社は「サウジ以外の商船への攻撃には否定的」

紅海南部でイエメン・フーシ派から攻撃を受けたサウジアラビアの超大型原油タンカー“Abqaiq”(302,986 DWT、船籍:サウジアラビア、2002年建造、IMO:9247182)の被害状況が明らかになりました。画像を見ると、右舷前部に20~30センチの穴が上下に2箇所開いているようです。武器が何かは不明ですが、機関砲か小型ロケットではないかとみられています。 続きを読む

イエメン・フーシ派、サウジアラムコの貯蔵タンクにミサイル攻撃。サウジ側が撃墜

イエメン・フーシ派側の通信社Sabaが4月4日、紅海に面したサウジアラビア南部ジャーザーン(Jizan)にある国営石油会社サウジアラムコの貯蔵タンクにミサイル攻撃を行った、と伝えました。 続きを読む

★BIMCO、ICS、INTERTANKOが共同で南紅海とバベルマンデブ海峡の安全対策で臨時ガイダンスを作成。イエメン紛争が商船航行の深刻な脅威に

BIMCO、ICS、INTERTANKOの3団体が共同で1月25日に「INTERIM GUIDANCE ON MARITIME SECURITY IN THE SOUTHERN RED SEA AND BAB AL-MANDEB」を公表しました。イエメン紛争に絡んで民間海事団体が動いたのは初めて。いよいよ潜在脅威が顕在化してきたといえます。 続きを読む

米ミサイル駆逐艦、初めて南シナ海の中国人工島12海里以内を航行

中国国防省は1月20日、米海軍のミサイル駆逐艦“USS Hopper (DDG-70)”が17日に南シナ海スカボロー礁(Scarborough Shoal=中国名・黄岩島=Huangyan Island)の12海里内を航行したことに対し、強い警告を発しました。昨年米軍の航空機が中国が建設した人工島の“領空”を侵犯したことはありますが、米海軍は同海域での「航行の自由」作戦を言ってきましたが艦船が“領海”内に入ることは微妙に避けてきました。中国海軍のミサイル巡洋艦が警告し離れていますが、接近航行の意図は不明です。 続きを読む

★サウジ連合軍、イエメン沖紅海でタンカー狙った爆弾ボートを破壊

サウジアラビアが主導する湾岸国連合軍は1月10日、イエメン・ホディダ(Hodeidah)港沖の紅海でタンカーを狙ったIED(即席爆弾)積載のボートを破壊したと発表しました。この発表が事実なら、フーシ派は同港沖での商船攻撃を開始したことになり、厳重な警戒が必要です。 続きを読む

フーシ派、ホデイダ港奪還できなければ「紅海の商船航路を遮断」と脅す

イエメンのフーシ派は1月8日の国連特使との会談で紅海に面したホデイダ(Hodeidah)港をサウジアラビア主導の湾岸国連合軍から奪還できなければ紅海の商船航路をブロックする、と脅しました。 続きを読む

次のページ →