米空母、10カ月ぶりにペルシャ湾に入る

(ホルムズ海峡を通過する米空母“USS Nimitz (CVN 68)”=9月18日)

中東海域に配備され。北アラビア海に展開していた米空母“USS Nimitz (CVN-68) ”が9月18日、随伴艦とともにホルムズ海峡を通ってペルシャ湾に入りました。10カ月ぶりになります。 続きを読む

中国は軍事緊張が起こると景気のいい演習動画を増やす

中国・環球時報(グローバルタイムズ)の編集長が発信するツイッターは共産党の宣伝媒体として大活躍です。エベレストでインドと発砲騒ぎから再び軍事緊張が高まっていますが、9月9日にはその後背エリアであるチベットで行われた軍事演習の動画を公開しました。 続きを読む

バベルマンデブ海峡近くのアデン湾でプロダクトタンカーに不審船から停船要求

バベルマンデブ海峡近くのアデン湾で9月9日06:00 UTC頃、航行中のプロダクトタンカーに10人ほどが乗った1隻の高速船が接近、VHFで停船するよう要求しました。高速船に武器があるのを確認、プロダクトタンカーは速度を上げ、乗船していた武装ガードが対応しました。 続きを読む

オマーン湾でプロダクトタンカーにイラン海軍特殊部隊がヘリから降下

オマーン湾の公海を航行中のリベリア船籍のプロダクトタンカーに8月12日、イラン海軍の特殊部隊とみられる隊員がヘリコプターから降下して侵入しました。その後AISが約2時間切断されましたが13日に復活し、漂流しています。 続きを読む

ベイルート大爆発

レバノン・ベイルート港で8月5日に起きた大爆発の動画を幾つか紹介します。爆発した硝酸アンモニウムは2013年9月にロシアの貨物船で運ばれてきました。貨物船が技術的な問題から航行を止められてしまい、船会社が幽霊状態で応答がないため、積み荷の硝酸アンモニウム2,750トンは港の倉庫に保管されてきました。 続きを読む

イランで発電所、パイプラインなど連続爆発

イランで7月19日早朝から発電所やパイプラインなどが連続して爆発、炎上しました。炎上パイプラインはペルシャ湾奥で反政府デモが起き、インターネットの接続が切断されたエリアにあります。イランの反政府活動は激しさを増しています。このところ核施設の爆発を始め電力など主要インフラ施設が相次いで狙い撃ちされています。 続きを読む

中国、ガルワン渓谷の衝突場所から後退。インドも下がり緩衝地帯作る

中印国境紛争が続くヒマラヤ西部のガルワン渓谷(Galwan Valley )で6月15日に両国軍が衝突、インド兵士20人が殺害されましたが、7月5日に中国軍は同渓谷から約2キロ後退しました。インド軍も2キロ下がり、間に4キロの緩衝地帯を作りました。他の紛争場所に建設された中国の建築物も解体され始めました。双方が衝突回避に動いた形ですが、これで収まるかどうかはまだ楽観できません。 続きを読む

イラン、ペルシャ湾とオマーン湾沿いに地下ミサイル基地

イランの革命防衛隊(IRGC)幹部が7月5日、「ペルシャ湾とオマーン湾沿岸の地上と海上の地下にミサイル基地を構築した」と発表しました。 続きを読む

イランの核濃縮プラントで爆発・出火。テロ攻撃?無名の反政府グループが犯行声明

イラン中部にある核施設「Natanz nuclear facility」の建物で7月2日朝、爆発後に火災が発生しました。イラン原子力機関(AEOI)は「直ぐに消火され、死傷者はいない。放射性物質の漏洩もない」と発表しました。夜になって、英国の報道機関に反政府組織を名乗る「 “Homeland’s Cheetahs”(祖国のチーター)、”Homeland’s panthers”(祖国の豹)という情報も」という無名のグループが犯行声明を出しました。テロ攻撃の可能性もあります。 続きを読む

ガザ地区からのロケット、30時間で約600発

5月4日から始まったパレスチナ自治区ガザ地区からイスラエルに向けたロケット攻撃は5日も続き、約600発に達しました。開始から約30時間ですから激しい攻撃が続いていることになります。
イスラエルの何十万人もの住民がシェルターに避難しています。 続きを読む

次のページ →