☆お知らせ☆

海賊インシデントの新規発生報告がありませんので今週の海賊週報の更新はありません。
                                     ( 了 )

☆お知らせ☆

今週も海賊事案の新規発生報告がありませんでした。ホルムズ海峡緊張の影響でしょうか、海賊は目下静かです。このため海賊週報の更新はありません。
                                      (了)

☆UAEタンカーのイラン拿捕情報について☆

UAEの小型プロダクトタンカー(積載重量約2,000トン、船籍:パナマ)が先週末にホルムズ海峡近くでイラン海軍にイラン領海に連れ去られたらしい、という情報を米情報機関が掴んでいるとCNNが報じました。ただ未確認の部分が多いため、現在確認中です。
                                       (了)

☆お知らせ☆

海賊案件の新規発生がありませんので今週の海賊週報更新は休みます。
                                     (了)

☆お知らせ☆

海賊情報を集めている国際機関が更新をしません。ロンドンの年末年始の休みが続いているのかもしれません(笑)。ギニア湾ではハイジャック・拉致インシデントが発生していますが、国際機関の統計と合わせていますので、今週の海賊週報の更新は休みます。
                                       (了)

☆お知らせ☆

先週、海賊事案の発生報告がありませんでした。そのため「海賊週報」の更新はありません。

当ブログに年末年始の休日はありません。監視は365日行っており、重大な海賊事案やテロ事件が起きた場合にはその都度、ブログに書きます。

以前、12月31日から1月1日に掛けて英国の同じ船社の船が2隻ハイジャックされたことがありました。現在、海賊リスクは当時ほど高くはなっていませんので同じようなことが起こる可能性はほとんどありませんが、シリア、イスラエル、レバノン、イラン、イエメンなど湾岸周辺の中東情勢は極めて流動的になっています。地中海から紅海、アデン湾、アラビア海、ペルシャ湾には海事テロの脅威があり、西アフリカのギニア湾やアジアのスールー海には武装海賊によるハイジャックリスクがあります。そしてテロの地下水脈は依然として途絶えておらず、再び活発化する兆しも見えます。クライシスリスクは2019年も消えることはないと思います。
                                       (了)

☆お知らせ☆

「海賊週報」はインシデントの新規発生報告がなかったため更新を休みます。
                                   (了)

☆お知らせ☆「海賊週報」の更新は休みます

2週連続で海賊インシデントの発生報告がありませんでした。このため「海賊週報」の更新は休みます。

                                            ( 了 )

☆お知らせ☆海賊週報の更新は休みます

7月23日からの週の海賊・盗賊インシデントの報告がありませんでした。IMB-ICC以外では報告もありますが、海賊・盗賊とは考えられない事案だったり、掲載タイミングがズレていたりしているとみられます。統計の一貫性からIMB-ICCを基本においていますのでご了解ください。このため今週の海賊週報の更新は休みます。
                                              ( 了 )

☆お知らせ☆海賊週報の更新を休みます

新たな海賊・盗賊の発生報告がありませんので、今週の海賊週報の更新は休みます。
海賊事案の発生は多かったり少なかったりするのです。
                                         (了)

次のページ →