☆お知らせ☆

海賊案件の新規発生がありませんので今週の海賊週報更新は休みます。
                                     (了)

☆お知らせ☆

海賊情報を集めている国際機関が更新をしません。ロンドンの年末年始の休みが続いているのかもしれません(笑)。ギニア湾ではハイジャック・拉致インシデントが発生していますが、国際機関の統計と合わせていますので、今週の海賊週報の更新は休みます。
                                       (了)

☆お知らせ☆

先週、海賊事案の発生報告がありませんでした。そのため「海賊週報」の更新はありません。

当ブログに年末年始の休日はありません。監視は365日行っており、重大な海賊事案やテロ事件が起きた場合にはその都度、ブログに書きます。

以前、12月31日から1月1日に掛けて英国の同じ船社の船が2隻ハイジャックされたことがありました。現在、海賊リスクは当時ほど高くはなっていませんので同じようなことが起こる可能性はほとんどありませんが、シリア、イスラエル、レバノン、イラン、イエメンなど湾岸周辺の中東情勢は極めて流動的になっています。地中海から紅海、アデン湾、アラビア海、ペルシャ湾には海事テロの脅威があり、西アフリカのギニア湾やアジアのスールー海には武装海賊によるハイジャックリスクがあります。そしてテロの地下水脈は依然として途絶えておらず、再び活発化する兆しも見えます。クライシスリスクは2019年も消えることはないと思います。
                                       (了)

☆お知らせ☆

「海賊週報」はインシデントの新規発生報告がなかったため更新を休みます。
                                   (了)

☆お知らせ☆「海賊週報」の更新は休みます

2週連続で海賊インシデントの発生報告がありませんでした。このため「海賊週報」の更新は休みます。

                                            ( 了 )

☆お知らせ☆海賊週報の更新は休みます

7月23日からの週の海賊・盗賊インシデントの報告がありませんでした。IMB-ICC以外では報告もありますが、海賊・盗賊とは考えられない事案だったり、掲載タイミングがズレていたりしているとみられます。統計の一貫性からIMB-ICCを基本においていますのでご了解ください。このため今週の海賊週報の更新は休みます。
                                              ( 了 )

☆お知らせ☆海賊週報の更新を休みます

新たな海賊・盗賊の発生報告がありませんので、今週の海賊週報の更新は休みます。
海賊事案の発生は多かったり少なかったりするのです。
                                         (了)

「海賊週報」の更新が遅れます

海賊統計のベースとして利用しているIMB-ICCのサイトが見られない状態になっています。25日午後に海賊週報を作成しようとアクセスしたのですが繋がりません。そのうち繋がるだろうと待っていたのですが、26日午前1時を過ぎてもアクセスできないため更新を1日延期します。おそらくメンテナンスだと思いますので26日には繋がると思います。
今週の新規インシデントはギニア湾を中心に4,5件の報告があったと思います。
                                                 (了)

☆お知らせ☆ イージス艦とコンテナ船衝突事故に関するお問い合わせに対して

読者の方からイージス艦とコンテナ船の衝突事故に関してお問い合わせをいただきました。現時点で当ブログが取り上げていない理由について説明します。

以前、コンテナ船破断事故の際はかなり当ブログで取り上げました。それは世界中が大きな関心を持っているにも関わらず、日本のメディアがほとんど取り上げなかったためでした。インターネットの一般化を受けて情報は地球レベルで動いています。そして情報価値=ニュース価値の基準も世界標準になってきています。ところが日本のメディアは日本という”地方”のローカルメディアのままです。しかし、ビジネスはグローバル化していますので、世界標準の情報を取得し、世界標準の視点で分析・評価しなければならないと考えています。政治が旧態依然であることがその原因の一つですが、ビジネスの側面から考えて、世界が大騒ぎしているのに日本で十分な情報が提供されないなら少しでも情報を提供したいと考えました。

今回の衝突事故は、日本でもかなりの量の情報が発信されています。中には首を傾げたくなる情報もありますが、それはそれとして量的には過剰ともいえる状況です。その中で当ブログが同じような情報を提供する意味はないと判断しました。さらに米海軍の情報がカギを握ると思っていますが、その情報は十分ではありません。推認できることはありますが、7人の若者が亡くなるという重大海難事故であり、誤導に繋がりかねない情報提供は避けたいと考えています。こうしたことから現時点では取り上げませんが、見逃すことができない状況が起これば取り上げていくつもりです。ご理解いただければと思います。

☆お知らせ☆ 「海賊週報」の船名表記時期について

〔会員限定〕「海賊週報」では、該当船名を可能な限り表記することに変更しましたが、毎週日曜日の更新日(原則)に船名が把握できず、遅れてしまうことがあります。判明した段階で挿入し、頭記に【船名更新】と表記します。

次のページ →