サウジ連合軍、イエメン・フダイダ空港制圧。港まで15キロに近づく

紅海に面したイエメンの中心港フダイダをフーシ派から奪還する戦いを続けているサウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)が主導する湾岸国連合軍と暫定政府軍は6月19日、フダイダ港手前の空港を制圧しました。港までは15キロに迫ってきました。 続きを読む

☆お知らせ☆海賊週報の更新は休みます

おそらく初めてだと思いますが、国際的な海賊発生状況をまとめているIMB-ICCのサイトが今年1月最初のページになってしまっています。単なるミスだと思いますが、先週木曜に見たときには、前週のママで新規案件はありませんでしたから多分新たな発生はなかったと思います。それだけ海賊リスクは低くなっている状況だということでもあると思いますが、過去分は見られず1月1日からのページしか見られない状況ですので今週の海賊週報の更新は休みます。
                                              (了)

サウジ連合軍、イエメン・フダイダの空港まで進軍

サウジアラビアが主導する湾岸連合軍とイエメン暫定政府軍は反政府のフーシ派が支配する紅海に面したフダイダ港の支配奪還に向け攻撃を続けていますが、6月15日に伝えられた情報でフダイダ港の手前の空港にまで進軍しました。 続きを読む

インド沖で小型コンテナ船火災。また積荷コンテナが爆発、出火。乗組員22人は全員救助

インド・ベンガル湾で6月13日深夜(現地時間)頃、小型コンテナ船“SSL KOLKATA”(13,784 DWT、1,100TEU、船籍:インド、IMO:9346574)のコンテナ464の内の1つが爆発し炎上、付近のコンテナに燃え広がりました。乗組員22人は全員無事救出されました。荒天で海況は良くなかったようですが、またコンテナから出火しました。 続きを読む

★★海賊週報★★(2018・6・4~6・10) 

【ハイジャック・誘拐】=なし
【海賊の未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=ギニア湾1件
【ソマリア海賊の未遂と疑わしい活動】=なし 続きを読む

中国、フランス、ポルトガルとナイジェリアなどがギニア湾海賊対処で合同訓練

世界の海賊ホットスポットはナイジェリア沖などのギニア湾。ナイジェリアが民間の武装ガードを認めないこともあって高止まりしたままで、海賊退治のメドはまったく立っていません。その大きな原因はナイジェリアなどギニア湾沿岸国の海軍力の力不足にあります。国際社会の支援をどう行うかが喫緊の課題になっていますが、そうした中でナイジェリア艦船12隻と中国、フランス、ポルトガル、カメルーン、ガーナ、トーゴの艦船各1隻が参加して海賊対処の合同訓練が6月8日に行われました。 続きを読む

豪シドニー近くで落下したコンテナの内容物が大量漂着

荒天下のオーストラリア・シドニー近くのStephens港沖約30キロで6月1日、台湾から航行してきたコンテナ船“YM Efficiency”(52,773 DWT、積載コンテナ3,077個、船籍:リベリア、船主・マネージャー:YANG MING MARINE TRANSPORT、IMO:9353280)からコンテナ83個が海中に落下しましたが、4日には壊れたコンテナからプラスチックや鉄などの製品が流出、破片が海岸に大量に漂着しています。有毒物質はなかったようですが、油濁とは違った意味で海洋環境を汚染しています。 続きを読む

【船名など挿入し5日に差し替え】 イエメン・フダイダ沖紅海でタグ船にRPG攻撃。武装ガードが応射し撃退

イエメン西のフダイダ沖紅海で6月3日、オフショアサプライ船に6人が乗った1隻の小型船が接近し、発砲してきました。船の武装ガードが応射して攻撃を撃退し、無事でした。攻撃はRPGだったとみられます。 続きを読む

サウジ国境近くのイエメン沖紅海で多数の機雷を発見処理、2年で160個見つかる

(機雷処理。資料画像)

(発見された機雷)

イエメン北部Hajjah州Midi港沖の紅海を掃海中の暫定政府軍が機雷を発見、処理しました。 続きを読む

★★海賊週報★★(2018・5・28~6・3)

【ハイジャック・誘拐】=なし
【海賊の未遂、強盗・窃盗の既遂・未遂】=ギニア湾2件、東南アジア1件、南米1件
【ソマリア海賊の未遂と疑わしい活動】=なし 続きを読む

次のページ →